シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

すぐやる、よりも、勝手にやってた、を目指すという先駆け

ものごとを処理していく上での大事な要素として、


レスポンスの速さを挙げます。


入れたら即出して、反応速度を上げていく訓練を絶えずやることで、身体が先に動いた、


という状態を作り出すことが狙いです。



無意識レベルで動くということです。


どうやるかって?


やるだけ。


感情的に反応するではなくて、


機械的に反応する。


機械的に反応するための動力源、燃料として、感情を使う。


言葉にすれば単純です。


やるなら、やってみる。


返事は0.1秒でハキハキと。


対話ではキャッチボールをサクサクと。


「どういうことですか?」

「こういう理由ってことですか?」

「他には?」

「具体的には?」

「整理すると、こうこうこう?」


動き出すと、自転車と同じ。


動いている限り止まらない。


冷静に動いているのを観察している客観的な自分がいることをイメージした上で、


淡々とやれば、見えてこなかったものが見えてきます。




またねー。

「楽して成功^ ^」というまやかし

人が飛びつきやすい、言葉の魔法です。


騙し、洗脳であるという裏の顔を知っておかないと、搾取されるだけの奴隷になってしまうことを注意しましょう。


強い言い方かもしれませんが、馬鹿をお客にするのが一番手っ取り早い。


そういう意味では、

「楽して稼げる^ ^」


という謳い文句で集めることができている人が、楽々やっているのだろうなぁ、


ということを、いくつかセミナーを受けてみて思いました。



、、、、、はい!


僕も魔法の言葉に釣られてみたクチです。


成功法則で成功した人いません!


というのが、


学べたことですね。



うつつを抜かさず、ひたむきにとことんやりまくる、20代30代はそれでいい、


というのが今のところの方針です。


社会的な洗脳や仕掛けについて、みずからを守るということからも書いていければと思います。


洗脳?怪しい?


そう、怪しい。


怪しいと反応させられるようになってるのも、何かしらの仕掛け、働きかけがあるってもんです。


脱線しましたが、ひたむきにエネルギーをみずから出していくということを、そんな人たちの場で共鳴させていくことで、


自身の力となっていきます。


場については別途^ ^


またねー。

シンプルに大切だと思うこと

【身体はこんなに大きくなっても、中身はまだやっぱり子供なところもあるわねん♩の親心やそわそわな心配】


↑冒頭の文章はとくに関係ありません。


よく、目標を立てなさい、目標を持って動きなさい、と言いますが、その立て方や評価の仕方など、一般論としては情報が出回っています。


ただ、人間は自分で失敗したり大変な思いをして身体で覚えないと、言葉の本当の意味を立体的には捉えられません。


筆者が再就職して日々指導を受けたり指示を出したりする中で、覚えておきたいなと思ったことを下記に示します。


===========================

目標を持つことを特別なこととするではなく、次にできるようになる必要があることを意識していれば、現在で行ってることの余分な部分、人に丸投げできる部分を、どんどんと外に託していくことで、本来やる役割の比率を増していかないと、成長にならないのだ。


無論、お願いしてやってもらうことをみずから経験して、大変さや気をつけることを身体で覚えた上での、現在やっていることのシフト。


現場を知らない、現場に行かないものからの指示だと、聞く方も大変だ。


現場を想像して、こうだったらここが迷うよなぁ、ここ大変だけど無理言わないとなぁ、


ということを考えるというよりは思い出せるようにの、下積みや現場に出ること。


そこを積み重ねて、高いところにいる人はそこにいることが多い。


指導者や上司がいるときは、上からハシゴをぶら下げていてくれるかもしれないが、


それはそれで有り難く使わせてもらって、


同時に、自分でレンガを積んで階段を作って登ることをするからこその、相乗効果。


ハシゴ外しは作為的にだったり突発的にだったりだから、そのときに落ちるのも経験。


落ちて痛ーい!をしることも肥やしだし、


ハシゴが外れても自ら積んだ階段に飛び移るのも要領。


予感するんだ、胎動を。


ぴょい!


===========================



目の前のことを、その先を見据えて、予感して進める。


流れを見極め、そこに乗っていく。


振り落とされても喰らいつく。


そんな姿勢がいくつになっても大切だなって思います。


またねー。

筆者について

記憶を頼りに、簡単な紹介。


年齢、29歳。

性別、男性。


2012年、新卒にて製造業の会社に就職する。


お勉強ばかりで人との関わりが冬眠状態だったため、周りと上手く折り合いをつけれなくてノイローゼになる。


3年勤務し、最後は逃げるように退職。


半年ほどフラフラと引きこもったり高額セミナーなるものに参加してみる。


貯金も尽きてきたので再就職。


再就職先は未経験の建築分野、未経験の営業職。


内装工事の会社にて、淡々とお仕事している。


無職期間に、カウンセリングだとかコーチング、瞑想など、物質的にはあるとも言えない世界にハマり、人間の心が認識として世界を生み出しているという、東洋的な思想を知る。


無職になって以降で、出会った人たちとの縁もあり、諸々お手伝いや稽古をしている(これについてはブログにて別途書かせよう)。


過去のブログを遡ると、いろいろな葛藤だったり、学び感じたことを遺している。


大切なことは、「いまを生きる」。


好きな言葉は、「恥ずかしいならバカになれ」。



読んでくださりありがとうございます!


またねー。

ブログ始めました!

・このブログ自体は2015年の春から書いています。



・改めて心機一転、考えと経験の整理整頓として、書いていきます。



・社会の中での、個人の在り方、周囲との関わり方について、筆者の感じたことや日々の失敗談を交えていくのがひとつのテーマです。


・また、シンプルライフについても書いてもらおうと思います。



・よろしくねぇぇ!!