読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ダイエットと減量は違います

まず、言葉が違います。自分がしていることがダイエットなのか減量なのか、果たしてどうしたいのか、そこを見誤ると真面目なつもりでも面白い人になっちゃいます。どちらも含んだものにする、というと、どんな言葉が出るでしょうか?正解はありません、すべ…

楽しんでいきましょう

言葉が上手く出てこないときは、自分の中で熟成している期間です。感覚に委ねてみて、期待を遠ざける。無意識の力みになっているかもしれませんよ。また、ブログを書いている人や、日記やメモを取っている人は、見返してみても良いでしょう。書いたときと今…

全身で世界を三次元的に捉える練習

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)作者: 伊藤亜紗出版社/メーカー: 光文社発売日: 2015/04/16メディア: 新書この商品を含むブログ (27件) を見る 参考図書は上記。内面を観ようとすると環境を観ることになり、外側を観ようととすると内面…

ゆるめて力を出そう!

ゆるむということについてこんにちは。皆さん、ゆるんでいますか?人間がパフォーマンスを十分に発揮するときは、リラックスしているときです。力んでいると、それ以上に力を出そうにも、ギャップが小さく、エネルギーが出ません。よく、力を出し切れていな…

行動は影響を与える

無自覚にやってしまっていることが、相手に対して不快を与えていることは、往々にしてあります。個人的な話ですが、以前会社で必要な資料を探すために、上司のデスクを漁っていたことがあります。それは勝手にやっていたので、見た人は不躾な人だなぁ、と思…

みんな演者、この世は舞台という観方

こんにちは。今日のテーマは、「演じる」です。我慢して人に好かれるように、偽りの自分を演じることは、とてもエネルギーの必要なことです。あなたはこうあるべき!、こうじゃないとダメ!という制限を、幼い頃から無意識に刷り込まれている危険が、誰しも…

いつもと違うことをする!という言葉に踊らされる前にすること

変化を自分に仕掛けるには、いつもと違うことをしてみることが効果的だと、書籍やセミナーなどでは、多くの説明がなされています。ブログ筆者についてはこちら。http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1511NY1283ただ、そこで、「何をしたら…

ダイエット基礎の基礎

毎日私たちは基礎代謝していて(現状のその量はさして問題ではありません)、カロリーを消費しています。そして、摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、太りようはないというのが道理です。この原則を当てはめてみて、痩せるというよりは、視点を1つ…

そうじの心

部屋のそうじをすることで、自分の乱れた状態を把握するすことができます。埃をサッと拭き取ることで、心身も同時に磨いていることが重なります。掃除ですが、重ねた意味として創自でもあります。自分という作品、自分という存在を高めていくのに、一番の天…

当たり前の大切なことだからこそ

何度も何度も何度も何度も、言葉にするし、動いてみる。ともすると、忘れてしまうから。当たり前は当たり前じゃない。たくさんの縁の結び目があって、同じ瞬間は二度とありません。出逢った人に感謝。巡り合わせを大切に。慌てずゆっくりと動いて、丁寧にリ…

今日やらないと後悔すると思ったから書くこと

実は私、コーチングをしています。 コーチングって何? と言われても、表現はさまざま。 目標達成に相手を導くこと、相手に寄り添うこと、気づきを促すこと、などなど。 相手ありきのものでありそうですが、 これがまた別で、セルフコーチングというものがあ…

視点を変える目的

視点とは何か? ものごとを解釈するための、枠組みのようなもの。 私という視点、あなたという視点、彼・彼女という視点、私たちという視点、組織という視点、お客様という視点、 さまざまな視点があります。 視点は、固定化されるものではありません。 自由…

なかなか決められないあなたへ

生活をシンプルにする小ネタとして、迷ったらコインで決める。迷っても迷う時間が無駄であるし、明日にはその迷った時間が次元の彼方に葬られていることが多かった体感があった。移動でも、表だったら電車、裏だったらバスなど、ランダムを取り入れて即強制…

一人がそれぞれにやり方、在り方がある

【うちはうち、よそはよそ】個人的にこれは家庭内というだけでなく、学校や地域社会、企業組織などの中でも多々、耳にしたフレーズです。 違うんだから当たり前でしょうと。隣の芝が青く見えるというのも、うまいこと言ったもので、ある系の内にいると、そこ…

昔の日本人の在り方を見つめ直すことがヒントになってくる

身体と脳の取り戻し方: 日月神示と脳科学が解き明かす 日本人の覚醒が世界を変えるこれだけの理由作者: 篠浦伸禎,中矢伸一出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2016/10/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見るタイトルに惹かれて購入した本です。オカル…

無題

破棄する覇気などないその人ならではのリズム感、パターンは、繰り返し接することでみずからにも反映されて、刷り込まれる。無意識に好む型、嫌う型が必ずあり、それは針の穴に糸を通すように、際どい。直感に従うように。直感そのままというのと、直感の真…

終わりの始まりではない、循環の輪をどの視点で捉えるかだ。

【攻撃力も守備力も欲しいけれど、まずは体幹】コップの上には大砲も電磁シールドも載らないし動かせない現実。明日は明日が最後。最後かぁ、、と思うと、入り混じる、揺らめく、視点が外れる。最後かぁ、、のスパンを意識的に長くも短くもできるが自由自在…

内省して思い出したこと。

あー、ヤバかったヤバかった。やられちゃってたわ。ごめんね。大好きだよ。いつもありがとうね。リラックスくんしようね。

建設的な思考パターンを身につけることで、ものごとはうまく回るようにできている

建設的な思考パターンというと抽象的だが、いくつか例を挙げてみると、・失敗したときに、好ましくないことをしていたなら次回はそれをやらないということ。・人の愚痴に同調しない、愚痴を言う人に近づかない。・過ぎたことをウジウジと言わないこと。・感…

考えて認識してみたら、ビリっと破って忘れましょう

悪意として受け取ることを許容するところに、弱さ?と呼ぶ見たくないと刷り込まれたものがある。それは不自然に抑えてしまったら、その人ではない別の誰かが引き受けることに巡る。stopかどうかは自分次第。毒を吐くと形容されるような物言いをわざわざ好き…

すべては一つである

オカルト的なことではなくて、ものごとはそれぞれに繋がりがあるのだから、繋がりが全体を構成してるのだから、すべては一つという表現は、あながち間違ってないように思える。私たちは存在のすべてであるのです。→私たちは繋がりの中で存在しているのです。…

タバコを停止してみての話

供給されていたものが途絶えると、今まで通りではいられないという防禦反応が心身にあらわれる。陥りがちなのが、それに立ち向かおうとすること。流れに任せて自己観察して、整えてゆったりした方が経験的には、新しい反応を受け入れやすい。

複数の視点ということの大切さ

【「あの人はわかってない」と言いつつも、現実は、「あの人を(私たちが)わかってない」のかもしれませんね。「わかろうとしないとわからないよね」というシンプルなことに臆病になっている不安は時間が癒してくれる。】眠たいときは素直に従って眠り、眠…

おや?おかしいな世の中。

【ただ話を聴いてもらいたいというシンプルなことが機能不全になっている世の中の雰囲気を鑑みるに、心の隙間に差し込む人たちはいくらでも付け入ってくるのだけれど、まずは自分で自分の話をちゃんと聴こうよと思った話】「俺って怒りっぽくってさ」『はぁ…

弱味も強味も甘味や辛味や苦味と同じだ

今日は名古屋は天気が晴れていて、お昼時は少し暑いくらいです。朝晩は寒いくらいに感じる今日この頃ですが、体調をよく観て、今年残り2ヶ月少々を進んでいきましょう。

スリムアップ体験談

名古屋に私は住んでいる。そして、名古屋市には、いろいろな区に『スポーツセンター』がある。 5回分の回数券は1000円、誰かと連れ立っても行けるし、定期的に通うにしてもお財布にやさしい。 運動服、屋内用運動靴、タオル、水分を携えて、ふらっと立ち寄る…

頭の整理として。

生まれつきから何を身につけるか、それが人生。完璧ではないということがどれほど恵まれているのかという視点も。意味がないなら後付けすればいい。怒らせるのは簡単、喜ばせるのは難関。簡単も難関も含んでの、ひとつ上?からまとめて言えば、choroi.こうな…

ヤバいという先見性を高めること

ヤバいということをヤバいと認識しないでいることがヤバいおや?と思っても省エネで済まそうと楽をしていたら、後で結局何やってたんだ!?となるのは経験的に知っている。都合の悪いことは自分には起こらないと思っていたら、周りにとってはいい迷惑になる…

無理のない範囲で無理をする

さじ加減は、やってみないとわからない。というより、痛い目をみないと人は学ばないし成長しない。いくら着飾っても、、、いや、着飾りまくるからこそ、ボロが出るのは早い。着飾って隠しているものと、向かい合うことを、どうして大人になっていくとできな…

グニュグニュした感じ

例えば朝、夜はこういうことしよっかな♩と思って、ワクワク臨場感が高かったとしても、いざ夜になると、やらずじまい。あるあるです。なんでかな?と考えるに、朝の自分と、夜の自分は、別人です。二重人格とかそういうのではなく、朝の自分は過去にいたかも…

自分勝手な人は人生自分のものにしてて素敵

わがままとはまた違う全部自分の責任で、勝手にやっている自分の都合だけを考えない自分の関係する人も、自分の人生の一部として、自分のものとしている独占とは違う全部、自分のものだけど、固執、執着しないそんな人は、何でも余裕があるフラフラしてるわ…

終わりました、ではなくて。

何か作業をしているときに、終わりというものは、実はない。仕事は一例だが、完成度を上げようと凝れば凝るほど、時間もお金もいくらあっても足りない。限られた資源の中で、次に進むための土台を作る、次に引き渡す、といったことに、意識をシフトした方が…

必要なものを感じる

欲しい!という思いは、誰かから刷り込まれている可能性がある。物欲などそうだ。モノを売りたい側が、わざわざ何千万何億とかけて、広告、テレビCMをつくる。そして、刷り込まれて、自分に必要だと思わされて、買う。でもそれって、本当に心の底から欲して…

地味じゃなくて地道なんだよ

タイトルはタイトルとして独立、本文とは関係ないお掃除ができないというか、やったらやりっぱなしなときに突き刺さるフレーズ「あなたはトイレで用を足したら、流さずそのままにしてますか?」回りくどい言い方にはなるので、使いどきは大事です。次の人の…

夢実現のワーク

理想的な夢が叶ったときの自分を、言葉にせず、イメージで感じる。自分の役割や使命を果たしている自分を、なんとなく感じる。言葉にしないこと。言葉にすると、具体化はできるが制限される。イメージだけ。非言語の世界を感じる。そのときに(表現はさまざ…

こころの声を棚卸しする

楽がしたいあー、楽がしたいほんとうに楽がしたい楽する楽するには頭を使え楽がしたい楽をする楽々^ ^ラクチン^ ^と、刷り込みながら負荷をかけて楽しむ。変なプレイとかではないよ。

思い返してみると気づくこと。

ここ半年と、その前の半年とかの収入を比べると、実質10倍以上にはなっている。特別なことをしたわけでもなく、生活もそこまで変えていない。お金の量で幸せが決まるわけではないなと、しんみり実感。収入10倍の秘密は?秘密。

もうね、最高^ ^

理不尽なことが起きたときに、あえて、、、やったぁぁ!!!と言うことで、ものごとへの反応の癖を変化させていってみることを試行中。理不尽だとかいう判断は後で、日々の生活の中で、昨日と違う新しいことが起きたことに気づいての、やったぁぁ!!!であ…

他者が行為を代替している

あなたは控えめだろうかあなたは内向的だろうか?あなたは外向的だろうか?あなたがしない行為も、代わりに人がやっていて、あなたはそれを観測することで、あなたの無意識は経験している。映画や小説の世界に臨場感を持って、登場人物に感情移入するという…

仮想通貨といっても、通貨自体がそもそも仮想なんだからどうなんだろうか?

私たちは資本主義の世の中に生きている。そもそも通貨とは何なのだろうか?交換の道具、、だよな。何と何の交換?起源を辿れば、物々交換。海に住む人が魚を捕獲して食べる分が余った。山に住む人が野菜を捕獲して食べる分が余った。どちらも、放っておいた…

どうせ怒られるなら楽しもう^ ^

こんにちは^ ^親兄弟、教師、先輩、上司、顧客、、、私たちは、何らかの関係性でもって、他者と関わります。そして、少なからず教えを請い、相手に対して価値を提供するように、お互いに働きかけ合っています。相手の意図に対して、慣れない自分が上手くやれ…

したい、ではなく、している

やりたいことをやる習慣化夢実現表現は違えど、当たり前にしていく試みという側面が共通します。人間には4つの段階があると説明されています。いち、無意識的無能に、意識的無能さん、意識的有能よん、無意識的有能無意識的無能は、認識すらしていないこと、…

お金が欲しいではうまくいかないでしょう、使い方使い方。

何かしてもらったら何かしてあげる。何かやられたらやり返す。お金とモノ・サービスの交換も、基本はそれ。等価交換。価値は自分が決める。エネルギーも、交換。高いところのエネルギーは、落ちたらエネルギーがたくさん出る。エネルギーって?情報もエネル…

シフトするということ

副業をするという意識ではなく、会社員なら今の仕事がアルバイト、副業とみなしているのが本業、その意識に変えてみて、両方一生懸命楽しむ。会社での仕事が嫌なら、割り切る。ここで注意したいのは、仕事を人生のピラミッドの頂点に置いてはダメ!数ある人…

すべては洗脳である

最近思う、一番強烈な洗脳は、「夢を持ってはいけない」である。突飛なチャレンジや、なんだかやったことがないけどやってみたいことを、危ないからやめなされ。そんなの無理だ、無謀だって。どうやるの?今のままが一番安定してるよ。といった言葉による(…

奴隷からの脱却

今の学校教育はどうかわからないが、少なくとも私が学校教育を受けていた20年前後前は、思考停止して奴隷として言うことを聞く、ロボットを優秀だとする雰囲気がありました。自分で考えて創意工夫をする人間は、教師からは敬遠され、失敗しないためにどうす…

動いてみることでわかること

できるできないではなく、やるかやらないかであるということ。やりたいことをやり続けるには努力やモチベーションはいらない。やりたいことなので、やらないことに努力やモチベーションを使おうとしても、そんなことはしないでしょう。やらないとぎゃくに落…

一歩踏み出す勇気?

勇気はいらない。一歩踏み出すことの価値は、人から言われてやるものではない。自己啓発や成功哲学をいくら学んだり読みあさっても、何も変わらない、行動しなければ。メリットデメリットを提示して、夢を見させるように編集しているということを、セミナー…

せかせかするのが来たら・・

息をゆっくり吐きましょう。目まぐるしく状況が変わっても、臨機応変、柔軟に動けるようになるために必要な負荷として、楽しく乗り切りましょう^ ^チョロいチョロい^ ^

時間が流れても自分は流されたくない

時間が流れているということが、そもそもの錯覚なのかもしれません。時間は離散的なものであると、現代物理学は説明しており、流れているように見えるだけ。一瞬一瞬が、パラパラマンガのように連なっていて、変化する瞬間を認識していないために、連続的で…