シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

自分を俯瞰するための3つの約束。①目的意識を持つ。②自分と他者は違う前提を持っていることに気づく。③常に繰り返し問い続ける。

こんにちは。

 

ものごとを俯瞰して、客観的に冷静な判断をするために必要なことは何でしょうか?

私なりに現在解釈していることを書いてみようと思います。

 

まず、目的意識を持つことについてですが、これは自分が進みたい方向と現実のギャップを明確にするために必須です。

目的は個人のことや組織のことなど、多様に存在します。どのように目的を持つのかは一概に決められませんが、ここでは本人と他者の関係性を鍵にして考えてみたいと思います。

 

そこで出て来るのが、自分と他者は違うんだよ、ということです。

あなたの周りの人を見ていただくとわかると思いますが、皆さん顔や声、背丈なんかも違いますよね。そして、ものごとに対する反応の仕方も十人十色だと思います。

そうすると、個人個人の具体的な目的も違うことが想像されます。

そうだとすると、あなたが言っていることが相手の理解と一致することは、まずありえません。

目的を共有して協働するためには、もう一歩必要なことがあります。

 

それが、常に繰り返し問い続ける、ということです。しかも自分にも他者にも。

 

・自分がこう思った根拠は何だろうか?

・過去の経験と照らし合わせて共通するところは?

・逆に自分の経験に当てはまらない部分は?

・相手は私と同じ単語を言っているが、前提がちがっているのではないか?

・自分の解釈との違いは何だろうか?

・相手が言っていることで省略されてることは何だろうか?

・相手が第一優先にしていることは何か、自分とは別のものではないか?

 

など、常に質問することで、思考停止にならないように気をつける必要があります。

 

上記の3つの約束を自分自身にすると同時に、パートナーに対してもお互いを尊重するためにルールを設けて協働できる仕組みを最初に作っておくことが望ましいです。

手遅れなことはありません、あなたのエネルギーを最大限影響させることができる人生は、今この瞬間にしか存在し得ないのですから、まずはやってみることです。

考えているあなたが、アクションするあなたが、今、ここにいます。

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

 

以上。

 

読んでいただいて、ありがとうございます。