シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

振り返るとひたすら病んでいた2012年度。あなたが辛いなら、それはあなたのせいではないと言いたい。

こんにちは。

 

ぼかしてはありますが個人的なことではありますので、不愉快に感じる方がいらっしゃるかもしれませんので、ご了承ください。

 

今回は私の過去の話をしてみようと思います。

だいぶ自分の中でも整理がついたのと、アウトプットして距離を置いてみようと思ったからです。自己開示してみると、すがすがしい気分になるなと思うところがあります。

 

私は2012年4月に新卒で就職しました。特に挫折もなく。

大学を出て知り合いもほぼいない愛知県に乗り込んで、頑張ろうと張り切っていました。張り切りすぎていて過剰適応というくらいです。

 

しかし、1年後にはかなり落ちるところまで精神が疲弊していたことを、2年ほど経った今思い出しています。

 

何があったのか?

 

1.かなり精神的に依存してしまっていた知人から絶交宣言を受けたこと。

2.近い親類(祖父)が病気の末に亡くなったこと。

3.ものごとを考える力が不足したまま、ひたすら業務に追われていたこと。

4.学生時代の不摂生から肥満体となり身体の状態が良くなかったこと。

5.幼少期から自分自身を抑圧してきたために自己肯定感が極めて低かったこと。

細々としたことはまだありますが、主にこれらが一気に重なり、生きている意味が見いだせずに鬱屈した状態になってしまっていました。

 今は↓のような感じです。

minirun.hateblo.jp

 

「これはまずいな、脳が壊れる」と、私はどうにかしようと思ったんですが、相談できる人がいないと絶望してすべてが投げやりでした。親、友人、上司、教師など、すべてを拒絶していた状態でした(これは幼少期の経験に起因)。

 

そんなとき、藁にもすがる思いで県内のカウンセラーさんに相談にいくことにしました。どういうきっかけでいくことになったのかは記憶があやふやなのですが、多分インターネットで鬱に関して調べていた流れだったと思います。

それが2013年の5月ごろだったかな。

 

いざ行ってみると、衝撃的でした。涙が溢れてきました。

それから、自分の思っていることや今まであったことを、か細い糸を恐る恐る手繰り寄せるように、自分自身に言い聞かせていました。カウンセリングってちゃんと話して聴いてもらえているという安心感から、自分自身を肯定しても良いんだって、自分自身が気づくことが大切なんだなと、身を持って知りました。

そして、何度かのセッションの後に、自分自身を大切にしてなかったんだなと、受け入れることができました。

私の場合は、自分自身の声を無視し、感情を抑圧することを小学校に上がる前くらいから無意識化で行っていて、そのまま他人との関わりが希薄なまま年月を過ごしてきました。

一方で、勉強とかスポーツはそれなりに(学校の先生がほっておいても大丈夫なレベルで)できていたので、人に何か相談するよりも自分で何となく流されるだけで過ごしていました。

まあ、人との接し方、関係の気づき方がわからないまま、年をとっていったんですよね。

 そうなると、今までのことをとても後悔しましたね。まあ、今となっては後悔してもしなくても、現在の自分が自己ベストだと解釈しているので、当時からすると別人みたいな気分です。

 

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

 ・・・・とまあ、こんなことがあり、20何年と経ってやっと、生き辛さの理由だとか、自分の行動とかを俯瞰して見ると、生きていればいろいろあるわな、といった感じです。

ここ1か月、抽象的なブログを書いていたのも、自分自身との向き合いということが大きかったと思っています。

自分の経験から、モヤモヤした葛藤や、言い表せない不安や辛いことなどをスッキリ・クリアにして、世の中から誤解や偏見を無くしたいという思いが、私に強く存在しています。

minirun.hateblo.jp

 

上記のようなこともあり、このブログを書き始めたんですね。ミニマリストというカテゴリーにしたのは、断捨離する方やミニマリストのブロガーさんに元気をもらったというのが理由です。

ものや脂肪、感じたことや思いを自分だけで抱え込んで、窒息しそうなときにミニマリストという観念があることを知ったことは、まさに天啓でした。

天というと語弊がありますね、お一人お一人の方の、生きるエネルギーというものを、ブログから受け取れたことが私にとってとても嬉しいことでした。この場で感謝を伝えたいです。

そうした上で、周囲の方々のモヤモヤや苦しいことを、少しでも軽くできることができないか、そんな想いもあり、ブログを発信させていただいています。

 

最後に私見ですが、今悩んでどうしようもないと苦しんでいる方がいらっしゃったら、これから良いことあります。今までも気づかなかっただけで、良いことがたくさんあったと思います。大事なのは、より深く気づくこと、そして、より一層安心して話せる日が来るということです。

minirun.hateblo.jp

 

 

私としては、自分の経験もありますが、当たり前だと思っていることに感謝して、やっていこうと思います。

 

以上。

 

読んでいただいて、ありがとうございます。