シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

アピールするならまずは聴け!⇒空気を読む前に、場の雰囲気を作り出すことが事前に起こっているよ!

こんにちは。

 

議論の場や面接などでアピールすることは、自分を知ってもらい、評価してもらうために必要です。

一方で、聞き手が知りたいことをちゃんとアピールできているかと問うたとき、Yesと即答できるかは、疑問です。

 

しゃべることは、相手に自分を伝えることですが、相手が聞きたいことを理解せずに、自分の言いたいことだけを喋ってしまうと、お互いに溝ができてしまいます。

周りが見えなくなっている状態で、前に前にと、燃え盛る炎のように突っ走ってしまうと、火事になってヤケドします。

時間は有限なので、1人の人と対話できる時間ってとても限られています。

そんな中でお互いにすがすがしい状態になるために、しっかりと聴くことを重要視した方が良いのではないでしょうか?

アピールして自分はすごい!、といくら言ったところで、しょせんは過去のこと。

今のあなた、これからのあなたがどうなっていくのか、それを私なら聴きたいですね。

今のあなたのマインドがどうなのかを見極めたいですね。

マインドがわかるためには、過去の出来事をどう解釈しているかがひとつの指標にもなります。

そうすると逆説的ですが、過去の話をアピールすることになるんですよね。

ここで注意したいのは、過去に対しての、"今の"あなたのマインドでの解釈を聴きたいということです。

 

その解釈の仕方から、現在~未来の問題解決に対しての取り組み方や、当人同士の方向性をシェアできるようにするのが、対話の目的です。

 

普段の業務とか、面接とか、お見合いとか、合コンとか、交流会とか、人と関わる機会は無数にあります。

短時間ではわからない?それは言わないようにしましょう(じゃあ100万時間なら大丈夫とか言えますか?)。

はじめからわからないを前提にすると、見えるものも見えなくなって効率が悪いです。

この対話している時間が、よりその人のことを知れる、素晴らしい機会だ、ワクワク!と思いましょう(むやみやたらと口に出しすぎには注意です、あくまでまずは自分の中のマインドとして!)。

minirun.hateblo.jp

 

そうすることで、お互いにより一層向上します。

minirun.hateblo.jp

 

相手を尊重して、自分も尊重されて、対話する空間を良くしましょう!

(*現実問題、悲しくも自分がケチョンケチョンにされても、まずは相手を尊重する姿勢、持ちましょう・・・。)

minirun.hateblo.jp

 

以上。

 

読んでいただいて、ありがとうございます。