シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

文と文の間に()を入れまくるという、無意識で文脈にコメントしてるから人それぞれの解釈がある。

こんにちは。

 

何かものを見たり触ったり、話を聞いたりすれば、誰しも無意識&意識で反応しています。

無意識は自覚してないから、訳も分からず何となく嫌な感じ、良い感じと判断しています。

それは雰囲気とひとことで片付ける傾向があります。

目の前の出来事に対してセルフトークや、5感を通じた解釈を総合して、判断を下しています。←これはかなり高度な情報処理ですね、人間の脳はすごい。

 

緊張してたり情報が多すぎることもあります。そんな時に右往左往して戸惑うのを避ける方法がありました

 

それは、セルフツッコミを入れて客観視・俯瞰すること。

文章があれば、それは何でだろう?と間に()をいれて、そこに自分が反射的にしているコメントを表層化させる。そのコメントは感情的な思い込みや偏見じゃないのかをチェックする。また、根拠はどうなのか、自分の認識との関連性を見える化する。

 

↑などと言ったことを、私の経験上スマートに考えられる人はやっていました。

 

しかし、このやり方は義務教育では教えてもらわないので、できる人は各々の手段で体得しています。

これができるのとできないのでは、自分の頭で考えるという点で大きな差です。

差があるのにすら気づけません、何故か上手くできるやつとそうでない奴がいると感じてしまいます。

そしてできない人は気を病んでしまいます、まるで自分に欠陥があるかと思い込んで。

だがしかし、やり方を知らないだけなんですよ。知ってる人がそれとなく教えてあげるかどうかです。そんな人が周りにいるかは運ですが、少なくとも自分が閉じこもっていたら出会う可能性すらゼロです。

もしかしたら教えてもらってたのに、自分で耳を塞いで受け入れてなかったのかもしれない。

 

悩んでいる人には俯瞰して気付くことを、頭の片隅に置いてみて欲しいというのが、私の切実な想いです。

 

minirun.hateblo.jp