シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

内省しないと張りつめますよという話

こんにちは。

 

個人個人で価値観は違っていて、多様性を受容できることが人にはできると思っています。ただ気づいていないだけで、誤解や偏見が生まれてしまうのだと思います。根拠はありません、ひとつのスタンスです。

 

「私のスタンスは『今のところ』こんなんですよ」

ということを自分にも周りにも明示しておくと、いろいろと摩擦も少ないと感じております。

 

 「今のところ」というのがミソだと思っていて、「これが絶対じゃない」、「柔軟に変化しうる」という前提を持っていると、余白というか余裕があって、あまり張りつめすぎないかなという解釈です。

 筆者個人としては、今のところリラックスという言葉にものごとの判断基準が集約されております。

 

状況によってリラックスも意味合いが変わりますが、ベースにあるのはパフォーマンスをより良くするにはどうするか、ということです。

 

休息時にリラックスできればより回復・リフレッシュしてことに望めますし、議論や交渉などのときもリラックスしていればカッとならずに俯瞰できると思います。

 

リラックス推しの背景には個人的に、

・断捨離前の窮屈さ

・過剰適応しがちな思考パターン

・感情の抑圧による自己肯定感の衰弱

などがあります。

 

振り返ると、過去にリラックスが無かったが故にパフォーマンスが低下した体験があったからこそ、それらと逆のベクトルを向いて、図らずとも挽回しようとする形になってると分析しています。

 

そして恐らく、リラックスできずに上手くいかなかった自分を克服しきれていないから、リラックスに固執しているという側面もあります。そこを突かれたら図星なので何も言えなくなるでしょう、ミニマリスト活動然り。

 

なので、視野を広く、いろんな考えに触れて、引き出しを増やすことを一生かけてやっていくことが良いかなと思っています。

 

まとめ

リラックスしなくても良いという選択肢もある

 

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

 

 

以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。