シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ミニマリストとしてエネルギーを放出して循環させなければならないという使命感

こんにちは。

 

使命感という大層なことを書きました。

 

断捨離をして身の回りにスペースができると、視野が少し変わった気がします。

そうすると、今まで自分が近視眼的に世界を捉えていたことに気づきます。

一方で、マクロな視点と同時に、自分の内面というミクロな視点にも意識が向くようになりました。

 

ふたつの視点のうち私に引っかかったのはミクロな視点です。

 

自分の体内を血液が流れて生命を維持し、電流が流れて思考活動ができていることを意識しました。

・血の巡りが悪くなれば老廃物が蓄積し、病気になります。

⇒適度に運動して、過剰に食べないことで、血の巡りを整えました。

・思考も習慣として行わなければ、神経伝達の回路も衰えます。

⇒ブログを書いたり、本を読んだり、人とお話をして、言語かする行為を始めました。

 

次に部屋の中を見ました。

・部屋の中に不要なものが溜まれば空気が停滞し、身体も心も重くなる。

⇒断捨離によって風通しが良くなって軽やかになりました。

 

 

個人のことに対しても部屋に対しても、行動して手ごたえを感じました。

それは、「行動するとエネルギーが発生する」という気づきです。

エネルギーは内にこもっていられないものです。

エネルギーが外に出ることで、別の行動にエネルギーが注がれる。

別の行動が巡って巡って、自分自身にも影響する。

⇒結果、行動することそのものが、モチベーションになっていると捉えてみるとしっくりきました。

 

段階を踏んでいけば、個人と個人、個人と組織、組織と組織、世界全体に対して、私たちの行動により生じるエネルギーが増幅/凝縮され循環していくと思っています。

 

ここで考えると、マクロなレベルでの引き寄せ/エネルギー循環の構成要素は、個人個人の行動です。

 

行動の内容が複雑に絡み合って、多様な世界を形成しています。

多様性の構成要素としての自分を鑑みたとき、ミニマリストとして自分の感性を磨くこと、行動して周囲と自分自身に働きかけることが指針になりました。

 

タイトルには仰々しく使命感と書きましたが、凡夫である一個人として、粛々と目の前のことをやっていこうと思います。

 

あらゆることがだんだんと良くなっていくことを信じて。

 

以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。

 minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp