シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

自分!自分!という軸からシフトできない3つの理由

こんにちは。

 

・どうにも余裕が無さそうな人

・独りよがりで取っ付きづらい人

・思いやりに欠ける人

など、生きる上で損じゃないかなと感じる人たちが、何をもってそうなってしまっているのかを、いくつか考えてみました。

 

周りにそんな人がいて、関わる必要があるようでしたら、適度に距離を置いて観察してみてください。

 (*注:これは、筆者個人の反省を多分に含みますので偏りがあります、ご了承ください。)

minirun.hateblo.jp

 

理由1.完璧主義

「AだったらBでなければならない」、「1~10まですべて満たさなければならない」、「言ったことは絶対」

などと、自分で自分を縛りすぎている傾向があるように思います。

ルールを余計に作りまくって、管理できなくなりますしスピードも落ちます。

ルールを作ってルール内だとその通りに手早く対応しますが、ルールの無いところや想定外の事態ではフリーズします。

常に張りつめていて柔軟性に欠けます。

目の前のことよりもルールに囚われて思考能力が低下します。

 

対策

・増えすぎたルールを断捨離する

 

理由2.過剰防衛

自分が傷つくことを極端に恐れ、常に不安を感じています。安心とは程遠いです。

自分と関連することは何でも口出しして、他人をコントロールしようとします。

少しの刺激にも大袈裟に反応してエネルギーを消耗し、そのあとの対応への力が足りなくなってしまいます。

 

対策

・リラックスする⇒刺激を段々強くする⇒耐えられる限度を把握する

 

理由3.受動志向

既定の枠組みの中、不安な気持ちで動くので、ルールの外に出ていこうとしません。

能動的/自発的行動を避けます。

俗にいう「言われたことだけやる」です。

常時緊張のため、言われたことを行動に落とし込むことの要領がよくありません

無気力になりやすいです。

 

対策

・嫌われる覚悟をして他者に働きかける

 

まとめてみると、

理由1.完璧主義

・増えすぎたルールを断捨離する

理由2.過剰防衛

・リラックスする⇒刺激を段々強くする⇒耐えられる限度を把握する

理由3.受動志向

・嫌われる覚悟をして他者に働きかける

 

となります。

自分で書いててなんですが、どこか他人事っぽいですね。

過去の自分が読んで響くかというと、響きません。

 

状態を分析してそれっぽい対策を言われても、「自分の気持ち」について配慮されていないと、無意識化でも意識下でも感じるでしょう。

 

緊張・恐れ・不安の背景にある思い込みをほぐしていくことが抜けている気がします。

リラックスして安心できるようにすることが、まずは必要だと考えます。

 

マイペースを受け入れることをしてから、「自分と相手」の関係性を見るようにしましょう。

自分本位/独りよがりがダメで、変わらなければいけないということで焦っては、ことを仕損じます

 

多くの人は人生経験の中で失敗しながら学んで、ペースのつかみ方や他者との関わり方を習得しますが、経験が不足しているひとも少なからず存在します。

 

練習が根本的に足りていないことに本人が気づいていれば練習をするという対策が取れます。

 

気づいていないであったり、できない自分を認められないプライドがあると、どんどん深みにハマります。

完璧な仕組みもありませんし、過剰に不安がることもありませんし、実際に自分から動いてみないことには変わりようもありません。

 

悩んでいたら、できることをひとつやってみましょう。

ひとつだけで良いです。本当にひとつだけで良いです。お願いだから一つだけで良いです。

それは「なにもしない」ということ。

それが済んだら、深呼吸して水でも飲みましょう。疲れすぎる前に、労いましょう。

minirun.hateblo.jp

 

以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。

 

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp

minirun.hateblo.jp