シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

無常と、誰のために命を使うのか、2つから見えてきた私の解釈

こんにちは。


無常。


すべてのものごとは絶えず変化している。気づいた瞬間には消えてしまっている。



そのため、私はこう思うようになりました。

自分のためのゴールは後回しで良い、むしろ後が良い。

ずっと追求し続けることが、時には変化しながら、逆説的ですが1番ゴールに近づくことになるという解釈です。


誰かのために、目の前の人、大切に思う友人や家族、あるいは見知らぬ誰か、これから生まれてくる未来の子供たち、、、


そんな人たちのために、自分を犠牲にしない範囲で少しずつ、相手を良くするために、自分が与える。


それが結局、自分に返ってきて、お互い様でエネルギーが巡っていく。


そんなフレームでものごとを捉えてみるのは良いかもしれないと思う次第です。


自我というエゴに囚われてしまうのではなく、人と人との関係性の中にある個々人の役割に対して、相手を尊重する気持ちで行動すると、何かが変わるかもしれません。


そして私たちは、そのことを選ぶこともできますし、選ばないこともできますし、あるいは別の視点で行動することもできます。


自分次第だよ。


仏教の本と引き寄せの法則関連の本を読んでて想起した考えです。

 

以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。