シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

いっぱい連想のストックを持つことで思考にゆとりを持ってみよう

こんにちは。


思考が上手くできない、言葉が上手く出てこない、考えが上手くできない、という経験はないでしょうか?


どうすればそれらを解決し、スムーズにスマートにものごとを処理できるのでしょうか?


そのキーワードは、連想です。


そして連想のために必要なことは、

・俯瞰

・大量の知識

・関連付け


です。


話題が豊富で頭が切れる人は、得てして無意識にそれらを兼ね備えているように思います。


例えば、夏といえば?

と話題が出れば、

・海

・山

・夏休み

・お盆

・夏祭り

・暑い

・バカンス

・スイカ

・夏季講習

などなど。


高い視点から広く夏をイメージして考えているのではないでしょうか。


そして個別の言葉に対しても、さらに具体的な言葉を、経験からの感覚も伴ってストックしていると考えられます。


そのため人と話しているときには、相手の使う言葉から、自分の言葉の地図と照らし合わしながら、対話していけているのではないでしょうか。


さらに相手の言葉の地図を尊重し、理解しようとする姿勢があることで、相手を緊張させないように言葉を選んで話しているように感じます。

それも自然にリラックスした状態でです。


相手の言葉の背景にはどんなこだわりや経験が関連付けられているのかを、真剣に聴こうとしていると、相手も話しやすくなることが多く感じます。


それが余裕になり、結果として焦らずスムーズに、効率よく話が進みます。


リラックスから集中が生まれ、頭の中が関連付けられて、知識の量が効率よく増えていきます。


それを俯瞰して行うことで、思考が整理され、目標に対してより効果のあるアクションができてくると思います。


良い連想の仕組みを一人一人が作ることと、尊重し慈しむ気持ちを持っていきたい次第です。


以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。