シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

リアルにイメージをして、現実化していく

こんにちは。


先日、ある方とお話をしていたとき。


「散らかった部屋掃除したいねん」


「掃除できたときはどんな感じ?」


「スッキリしとるやろな」


「良さげな感じやな、スッキリを維持し続けるにはどんなことできる?」


「ちょっと待て!

片付いたイメージがまだボヤッとしてるから、維持してくという視点とブレンドしてしまうと混乱するわ、このままだとイマイチ片付いとらんのが維持される方向に行ってしまいそうや」


「そうか、そしたらスッキリイメージをもっと追求しようか。」


「せやな。埃が無くてな、空間が広くてな、ものが適材適所にあって洗練されててな…(^∇^)」



↑いかがでしょうか。


ここでは、私は相談を受ける側でした。


反省として、相手を急かして、

掃除→維持にコントロールしようとしてしまいました。


相手のペースで話してもらい、相手が自然と維持することにも思い至っていくことを、相手の可能性を信じて対話していく方が、混乱させなかったかもしれませんね。


焦って、命令しようとしてしまうなんて、自分らしくなかったです。


今度から相手のイメージをもっと尊重して、リラックスして話せる場を作っていきます。



相手のイメージは相手のもの。

こちらのイメージは押しつけるものではないのですね。


相手の可能性を信じる。

その可能性を信じる自分を信じる。

信じるって簡単じゃない、だから尊い。

だから、人間の潜在能力や未来の可能性って、エネルギーがあると感じる次第です。


以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。