シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

見える世界が変わった体験

こんにちは。


ビビりました。


見えてなかったものが見えるようになったので、自分の中の無意識の優先度が変わったのだと、振り返ってみると解釈できます。


この解釈も辻褄合わせの説明なので参考までですが、メモ程度に記します。


内容は届いてなかった情報が自分のところに届くようになったこと。


具体的には、自分の住むところの近くで、自分が学びたいと感じていたことを学ぶ場があったということ。


毎日建物の前を横切ってたはずなのに、そこで行われていることの情報がまったく入らないようにフィルターカットされていました。


その情報が、ポンと入ってきたのです。


知ったきっかけは、行動でした。


情報はちゃんと発信されていたけど、受け取る側の自分が準備できていなかったので、受け取りようにも認識にすら上がらなかったのです。


何気なくある人との対話がきっかけです。


この人とは直接会ってじっくり話すのは初めて。


でも話してみたいなと、自ら能動的に話しができる場を作って飛び込んでみた。


それでかなり変わりましたね!


その人が話した内容云々はそこまで特別なものではないと思います。


大事なのは、自分が会いたいと思い、何か変わるなと予感したときに思い切って飛び込んでみること。


抵抗を感じたりして、自分が揺らいでるなと感じたら、変化のチャンスだと言えるでしょう。


言ってることが抽象的な感じですが、無意識で感じちゃったことに飛び込んでみることが行動に出ると変わる体験だったということです。


あとは、行動を繰り返していくこと。


目的は人それぞれですが、持つならいろんな人に得になる目的志向を目指してみてはいかがでしょうか?


以上。

読んでいただいて、ありがとうございます。