シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

集中すること

こんにちは。


集中して、視野が狭くなることってありませんか?

それで上手くいかなかったり。


それって集中してるようで、実は固執して盲信し、考えが動けなくなっている状態かもしれません。


なぜそうなるのか?


いくつか前提を想起してみました。


・リラックスが不足している


・十分な高い視野が不足している


ということが、挙がりました。


リラックスすると、身体がゆるみ、思考や感じること、すなわち自身の内面に意識を向けられます。


そうすることで、外からの刺激に振り回されず、一旦自分の中で検討した後に、自由に反応をコントロールできる可能性が高くなります。


深呼吸だとか伸びなど、身体を緩めることをバカにはできません。


また、十分な高い視野を持つことで、バランスが崩れて偏っていることが見えます。


視野が狭くなっていると、周りが見えなくなってくるので、バランスがどうかとすら認識できない場合があります。


何のために目の前のことをやってるのかを、自分の視点だけではなく、他者の視点から見たフィードバックを貰うことで、お互いの求めることがはっきりしてきます。


そうすると、お互いに尊重しあって、より良い関係性やパフォーマンスに繋がると、自分自身は信じています。



リラックスして俯瞰すること、その中で臨機応変に対応していくこと。


それが、集中の前提だと思います。

そこからの視点を兼ねた状態で、目の前のことにロックオンすることで、良いパフォーマンスが出るのだと思います。


ありがとうございました。