シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

やりたい、やる、というよりは、あれ?やってたわ(^ ^)が習慣

こんにちは。


行動が起こせないことが悩みということをよく聞きます。


大丈夫です。


行動を起こせずに悩んでいる、


という、


行動を起こせています。


説明なしにこう言うと、


大ひんしゅくですね。


悩んでいるときでも、


無意識は、


やるかやらないかではなく、


その行動そのものを、


ちゃんと重要だと、


認識してくれています。


ただ、あなたの意識が、


行動そのもの、


すなわち手段、


に、ロックオンされているのなら、


ゴール設定に対しては、


少し考える必要がある時期なのかもしれません。


ゴールを達成するために、


そもそもその行動しか方法はないのでしょうか?


そのゴールって、


今第一優先で働きかけていくことなのか?


見えなくなっているものがもしかしたら・・・・・



見えないものは、見えません。


しかし、無意識は探しています。


でも、見えないから見えません。


じゃあどうするのか?


答えはひとつではありませんが、、


視点を上げる、俯瞰する、


ということをオススメします。


視点を上げるといってもさまざまです。


物理的な空間を広げる。


時間軸を10倍にする。


関わる人間関係を10倍にする。


などというのは一例です。


自分一人だけではなく、視点を上げたときに、


ワクワクしたり、


嬉しい想像が、


湧きそうなら、


それをやってみてもいいと、自分自身は思います。


別にどうとも感じなければ、


堂々と、


やらない、あるいは、


一旦距離をとる、


でもいいんです。


いろんな可能性のバランスを見ることも、


視点を上げるとやりやすくなってきます。


知識でどうこうしようと拘らず、新しいものや未知のものを、



あえて、


選択して使ってみる。


微妙ならそれで十分です。


動いたことを、無意識くんに対して、


褒めてあげましょう。


そこで自分が新しく、


感じたこと、


想起したことを、


フィードバックすることで、


やりたいことが絞れてきてしまいます。


繰り返してみると、


いつの間にかやってた


と、


なります。


書きながら、


自転車に乗れるようになっていた


過去を連想しました。


そういえば、はじめは転んだし、


でも、


やってたら、


できてた。


ワクワクして、


より遠くへ、


より早く、


向かおうとしていた。


どこかっていうのは、


子供心なりに、


未踏の隣町だったり、


車で行ったことあるけど、


1人だけでは行ったことのないところだったりでした。


視点を上げる、


ゴールを設定する、


必要な手段を、試しに使ってみる。


使えそうなら、継続して使う。


イマイチなら、


一旦置いておく。


このときの参考としては、


もちろん個人差がある前提だが、


過去に同じような手段で取り組んだ人の、


情報も見えてくるはずだ。


自分で設定したゴールと、自分で選択した手段なら、


本質的には誰も批判できない。


批判してくるのなら無視!


やってみれば、何かが見えるかもしれません。


そして、あなたが変化することは、行動を起こすのだから、当たり前に変化していきます。


大丈夫です。


競争でもなんでもなく、リラックスして楽しめば、見えてなかったことは、必ずどこかで繋がります。


あなたが気づいたらできていたことって何でしょうか?


ありがとうございました。