シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ゴール設定を呼吸レベルまで落とし込む

当たり前にできることに、苦労はありません。


では、当たり前にできるようになるまでにした取り組みはなかったのでしょうか?


答えは、「あります」です。


呼吸をするのも、胎児のときに、器官を作るというあなたのDNAの情報が必死になってやったから、産まれたときに息をして、ここまで命を繋いでいます。

時間も労力もかかっています、でもそれは当たり前になっているので、それはそれとして、情報として知っているだけです。


そしてまた、自分が経験してきたことでありますが、現在重要でないために、記憶として再生しにくくなっているだけです。

無意識レベルで、呼吸するための試行錯誤を、一瞬でできるようにして、今呼吸できているだけです。


自分自身は、祖父が亡くなる前に意識混濁するのを見ていて、亡くなる前はそれがだんだんできなくなるのだなと感じました。


なので、今当たり前にできていることに感謝し、何か成し遂げたいと思うことがあるなら、そこに至るまでのプロセスは苦労でもなんでもなく、当たり前の1ページでしかないと確信します。


そうすると、能力が開きます。


そのための機能として、ゴールを設定することが、オススメの方法です。


大丈夫です。


途方も無いほど大きなゴールを設定して、方法を後から見つけながら、楽しんで進んでいって良いんです。


あなたが主役です。


おわり。