シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

相対的な視点を持つ

抜け殻になったという記事を以前に書きましたが、しばらくして、相対的な視点が盲点になっていたなと、はたと気づきました。


抜け殻はあるけど、抜けた中身はどこいった?

です。

抜け殻を自分自身だと強く信じ込んでいましたが、そうではない。


自分自身とも言えるし、言えないし。


中身は新しく熟成されて、変化して外にいました。


外なので見えてなかったです。


そして、エネルギーを脱皮と変化に使ったので、エネルギー切れになって存在感が薄くなっていました。


視点を上げてみると、中身は充電するためにおやすみモードでした。


そんな休息してる必要があるときに、抜け殻に向かってもっとやれと酷使していたのかと思うと、らしくなかったです。


真に観るべきは、全体。

そして変化後の新しい中身が動いていくための仕掛けをしていくことでした。


抜け殻は抜け殻として、ファイル圧縮して、アーカイブして保管します、、


中身を回復させるためや、エネルギーを湧かせるために、ゴールを更新して、粛々と行動していきます。


それは例えば、仕事、趣味、健康、お金、社会貢献などといった、人生のバランスをとることだと思います。

いろんな方向から自分の人生を照らしてみて、互いに見えないところを補完しあっていく感じ。


そうすると、抜け殻になったりエネルギーが枯れた気になったとしても、大丈夫。


別のところにロックオンしてみると、エネルギーは湧いてきますし、切れてたと思ってた分野でも、他のことをしてたらアイデアがふっと出てきたり、相互に良い影響を与えます。


相互性、全体性、見えないものも必ずある、


といったことを意識に上げてみて、自分の全人生、人格を網羅していこうとする取り組みが、自分のみならず周囲をポジティブに豊かに楽しくしていくことでしょうと、自分は確信している。


あなたにもできるので、オススメします。


おわり。