シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

不安を煽る戦略

ウェブを徘徊していると、


「こんな悩みはありませんか?

一つでもあればぜひ話を聞いてみてください、、、、」


という文言を散見します。


あー、確かに人間関係で誤解があったり上手くいかないときはあるよね〜。


ちょっと肩凝って調子が変わるときもあるよね〜。


お金がもっとあったらお金をかけてという領域でできることは増えるよね〜。


などなど。


・・・・・・・・・


ちょっと待て、それは悩みなのか?


悩みというラベルを他人から貼られていないか?


言語化していなかった感覚を敢えて言語化されると、それを仕掛けた人にコントロールされます。されてます。

キーワードに引っかかって読み出したら、読まさせれます。


ヤバいです。


コントロールされるということは、脳をいじられてます。


かくいうこの文章も、「ヤバい」といって煽ってます。


何がどうヤバいの?

それは誰にとって?

どの程度?

何が起きるの?


と突っ込まれれば、返答に窮します。

だって特定のあなたのことを、すべて把握してるわけじゃないから。

(あ、言っちゃった*\(^o^)/*)


もちろん無意識では、そんな問いかけを意識に上げて、対する言葉を用意していますよ。


そうすると自分自身も思考が止まらなくて済むし、聞かれたときに答えて主導権を握ったままのポジショニングを取れます。


で、みんな考えたくないわけですよ。

供給される大量すぎるコンテンツを処理しようとしてお腹いっぱいだし、気持ちよく楽しくなりたいだけ。


それは一切否定しない。


ヒトの根源的な部分だと思うから。


飼いならされているんでしょうか?


よくわかりません。


ただ、考えて不安って何という人には、通じません。


通じない頭になるのは大事な訓練です、一生やっていくことをオススメします。


大丈夫です、あなたにもできます。


まず自分で発信したり、何かにコメントや感想をみずからが能動的に関わるよう自分に仕掛けるだけです。


不安を持っても良いけど、同時に振り回されない自分自身、克服する自分自身も併設しておくようにしましょう、という、あくまでオススメ。



おわり。