シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

メリットデメリットで決めんな

デメリットがあっても、メリットがそれよりも魅力的で価値があると判断すれば、それを選択するというのは、


ビジネスでは必要です。


相対化して、安くて良いものを手に入れ、自分が最大限の成果を得るということ。


したたかに大事なことです。


市場での商品について、大切な戦略になりますね。


お見合いや結婚相手についても、相手のスペックを見比べて選んでいますね。


良いと思ったその機能があるから、メリットを取って選んだとか、聞くことがありますね。


・・・・・


残酷だなぁ(^ ^)


と思うこともあります。


そのスペックが無くなれば必要としませんよ、


と、


言外に言ってるのと同じことです。


相手にスペックを求めるということは、


スペックと結婚します!

自分の付加価値としてのアクセサリー感覚です!


と宣伝しているのと同じ気もしてきます。


デメリットだと思っているのは、思わされているか、その人の凝り固まった信念です。


良い悪いの判断なんかをすること自体が、目が曇ってます!


と言ってるようなもの。


30超えて40超えて、もう止めません、そういうの?


人には心があります。


それをもっと思い出してください。


自分の我を通し続けても、相手にされなくなっていくだけですよ。


相手も自分も俯瞰してみて、相手を喜ばし合えるような関係性を作る働きかけをしましょう。


それで出会えた人は、真の意味でとても価値があると思います。


お見合いとかいって、そういう抽象的なことを本気で言い出したら、地雷なのか本気なのかは、よくみましょう、自己責任で。


おわり。