シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

俯瞰してから細部を詰める

最近ブログを、以前よりもハイペースで書きながら、


抽象的なことを書いてばかりということに気づきます。


地に足がついてない感じ。


俯瞰してものごとをみることが、以前はあまり上手とはいえない自分がいたことを、記憶として引っ張り出してみると、


いろいろ囚われててたことにも、日々気づきます。


俯瞰して高いところから見えるようになったことが新鮮で嬉しかったから、そこに無意識がとどまろうとしていました。


柔軟性をもって、視点の位置を行ったり来たりできている、


そんな状態ではありませんでした。


視点を高いところから落としてはじめて、個別の具体的なことに取り組んでいけるのです。


また、人と話すときも、相手と視点を揃えてから話さないと、お互いに通じません。


視点を上げて俯瞰するのは、自分や相手が今どこの視点であるのかをチェックするためです。


そして、自由自在に視点をコントロールして、ゴールを達成するための行動をしたり計画を立てたりと、結果を出すためにやっているんです。


そこを取りこぼすと、俯瞰して分析や批評だけで終わってしまいます。


当事者意識、主体性をもってみずからが能動的に関わって、あなたがあなたの人生を歩んでいることを、解放して気づくことが重要です。


行動してなんぼ。


そして、ゴールに一致した行動をしているのかチェックして、真の意味ある行動に繋げることが、命を活性化させることだと思う。


どんどん気づきが広がり、もっともっといけると確信が強まっていく、最高である。


同時に、この瞬間の喜びにつかるのは一瞬でいい。


常に囚われたり見えなくなっていることがあることを念頭に置き、もっと視界を晴らしていける、そのときの喜びはさらにぶっ飛んだ快感であるのだ。


同じところにとどまってなんていられない。


目を覚まし続ける、日々そんな人間に進化している。


どんどんつづく。