シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

行動が盲点に隠れる

モチベーションアップや、マインドセットといった方法を使って、成果を出した人は多い。


その方々は、行動するのが当たり前になっていて、無意識に変革して当然だと、最近気づいた。


そもそもそんな方々に実際に会って場を共有し、話してみたからこそ、臨場感を持って再刻印した感じです。


そこは会う行動をした自分を堂々と褒めることにする。


だから、効率的に結果を出して、どんどん進んでいってもらいたいという、期待が無意識にあるのかもしれない。表面上は広告やセールスで、そう思わせるように仕掛けているのをよく感じる。


しかし、行動するかどうかでしかない、それもちゃんと戦略や環境を知った上で。


凄いとされる方々を観ると、行動しないと気が気でないのだ。


行動しないのが不安。

行動するのが不安。


この書き換えを、体感レベルで打ちひしがれるほどに、変えるかどうかだと、いろいろ振り返って、ひとつの側面として思う。


そして、今自分もカッコ書きで言うが、

(しない側に無意識に戻ろうとすることもありうる)


のである。


カッコ書きにしたのは、カッコ書きにしないと、しない側に戻ることを無条件に受け入れてしまう危険を感じたからです。


という意味では、自分を実験に、危ないことをしている感覚。


現実として、しない、する、を行ったり来たりして、揺れていて不安定でいること。


日々、やる?やらない?

と、自分自身に迫られているドキドキ。

強迫観念とはまた別。

感情を分けて考えてみて、目的と照らし合わせて相応しいか?


迷っては、直感で負荷が高い方を選んでみる。


そうすると、行けたりする。


当然、すっ転ぶこともある。


転んだら、


起き上がる?

起き上がらない?


と問いかける。


起き上がる!

即答。


起き上がることを先に予約しておく。


一喜一憂してられない。


呼吸を止められない、心臓を止められない。


そこと同じくらいまでのものに、すると設定する。


何のために?


となると、人のため、ゴールのため、それだけ。


プラス、何のためでもないというのもある。


手近な見返りやエサで、初めは点火したかもしれない。


でも、ずっとそのままだと、良いように搾取され続けるだけ。


そういうのが好きかどうかは、ここでは言わない。


みずからがみずからに、仕掛けていく方が、楽しいんではないでしょうかと、自分自身は思う。


負荷10倍とか、自分でやっていい。


できるんじゃないかと思えば、他者の許可を得ずに(自分で許可してるからOK)、やる。


当然、一回で上手くいかない。


もう、最高。

現状がよくわかる。

自分で気づける。

他人に指摘されると、カッとなったりして、コントロールされかねない。


みずから発見する。

すぐに、次はどうするか?

を考えて、やる。


生々しい実体験が、ダイレクトに残っている。


またやると、ちょっと変わる。


そして、どんどん繰り返す。


そして、うまい人を観る、思うところを質問する。


聞いて応えてもらったら、入る情報量は、何もしてないときの比ではない。


体感では、100倍。


もっともっとある。


さらに繰り返して、200倍、1000倍にしていける。


ヤバい、もっといける。


そのサイクルを、一生をかけて刷り込む。


生きてる限り、取り組み続けられる。

どんなときでも、できる。


気の持ちようだけ。


今からやる。


遅いことはどこにもない。


あなたにもできます。


あなたのことは、あなただからできます。


私の中では、それが確信になっている。


だから、アクセルを踏み続ける。


つづく