シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

一気に突き抜ける感覚

一度全体像を、粗粗で作ります。


完璧なものを作らなくていいです。


そもそも完璧なものは存在しません。


前提から履き違えているんです。


人に指示するときに、完璧なものじゃなくていいよというと、


無意識が裏では勘ぐり、


最終的には完璧にしなくちゃと、


先走って予測し、


、、、、、


待て待て待て待て待て待て!!!!!!!!!


ハマってるぞ、危ないぞ!


完璧という単語だけに引っ張られて、細かいところに目が行ってしまいがちなのです。


視野狭く、視点が低いところから抜け出せなくなりますよ。


そんな指示をしてませんか?

問うてみてください。


最悪のものを作れ!


くらいの方が極端でいいかもしれません。


特に考えすぎたり神経質っぽい人には。


自分自信に対しても、趣味なのか仕事なのか人間関係なのか、テーマによって、細かくやってうまくいかないことや、ざっくりで何とかできてしまってることなど、チグハグに存在しています。


何でも使えるものは使いましょう。


使うためには、俯瞰して選択肢としてみずからが保有していることを意識化しましょう。


そして、必要そうなことがあるなら、みずからに取り寄せればいいのです。


楽しんでいけますよ。


壁にぶつかるのも楽しくなります。


楽しみですね!


応援していますよ!


つづく