シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ポジティブのみ。

こんにちは、あるみです。


突然ですが、同じことばかり言うのは、いくつか場合があると思います。


・重要だと思っているから意図して。

・周りが言ってるから当たり前のように合わせて。

・理由は特に考えたことはないがなんとなく。


などなど。

他にはどんなときがあるがあるか、聞いてみたいですね。


同じことを繰り返し言うとき、無意識は良い悪いを判断せず、ただただ受け入れます。

それこそ、質より量という感じで。


量が積み重なると、普段のあなたそのものに、その言葉が成りかわります。


そして、それを聞く人には、表面としてのあなたが、その言葉で判断されます。


な・の・で!


ネガティヴは一切排除。


ポジティブはもっともっと高める、増やす。


回数然り、バリエーション然り。


素晴らしい。

最高です。

いいね。

良くやった。

もっといけるよ。

どうやったら壁を乗り越えられるだろう?

褒める。

希望は体力。

できる(確信)。

ありがとうございます。

大丈夫。

課題をクリアしていくだけ。

諦めない限り終わらない。

ファイト。

応援しています。


などなど。


皆さんは他にどんな言葉掛けが励みになりますか?


もちろん、ものごとの都合のいいところだけを見るということを、言っているわけではないのは、あなたならわかっているはずです。


視点高くものごとを俯瞰して、必要な情報を収集した上で、相手の視点にも同調したうえで決断する、そんなことができていると思います。


そして、結果を粛々と受け入れる。


「次はこうする」

と、一喜一憂しないマインドになっていきます。


そのベースは、ポジティブな言葉遣いにあると、私は確信しています。


皆さんはどうですか?


おわり。