シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

最悪だ、もう駄目、終わりだ

こんにちは、あるみです。

 

タイトルに、ネガティヴなことを書きましたが、果たしてそうでしょうか?

以前の記事にポジティブのことを書いた中で、選択の重要性を述べました。

 

ポジティブもネガティヴも、麻痺して思考停止せずに、徹底的にニュートラルに見て、せっかくならポジティブを選択しましょうと、そんなことを伝えたかったです。

 

minirun.hateblo.jp

 

 

そのためには、ポジティブもネガティヴもあるということを、広い視野で俯瞰して、みずからが判断できる必要があると思っています。

 

傾向として、ダメ出し文化、減点主義、異質排除という風潮が、私の周りにはありました。

 

そのため、ポジティブがあることは、意識の外で、存在を許されない環境だったと記憶しています。

 

そこを強烈に書き換えるには、徹底的にポジティブだけを考えるという、一種強烈な働きかけを仕掛ける必要があったと、今は思います。

 

結果、ネガティヴもポジティブも、二面性として存在しており、みずからが判断して意識化するときに、どちらがより多くの人(自分含む)に望ましいのかを、考えられるようになりました。

 

考え方は、はじめは極端なことで大胆にゆらがして、緩める。

 

そこからはみずからが考えて、自分のタイミングで更新していきます。

 

どうやって?

ということは、個別には言えません。

タイミングが来たときに、あなたはできると信じていると、突き放す言い方になるかもしれません。

 

今は、それで良いと思っています。

 

必ず変化は内面から起こっているし、横並びで他の人と同時に起こるわけではありません。

 

それこそ、あなたは企画管理された量産機械ですか?

と質問し返したくなります。

違いますよね。

 

あなたのゴールはあなたしか知り得ないし、ガンガンに変わっていっています。

 

そこを楽しんで、数をこなしていくことをオススメします。

 

大丈夫。

 

応援している人は必ずいます。

 

応援していますよ!

 

それでは!