シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

やりたくないときはやらないことを選んでやる

こんにちは、あるみです。

言いたいことは本ブログで繰り返し言っている、みずから選択しましょうということです。

上手くいかないときは当然ある、紆余曲折しているのが人生です。そして、その解釈はあなただけにしか決められないものなんです。

やりたくなければ、やらなければいいですよ。そして、それによる結果を受け入れればいいんですよ。何もしなければ現状維持が続くというだけです。残酷ですが、砂時計の砂は戻りません、落ち続けます。増えることはありません。必ず人生には終わりがあります。

だからこそ、現状に留まり続ける選択肢もある一方で、ふっ飛ばして新しい世界に飛び込む選択肢もあるというだけです。
あなたはどちらを選びたいでしょうか?無意識のうちに選んでいることが、日々の生活すべてに作用しています。
無意識なので、気づかないというのが、簡単ではないところです。しかし、無意識が作用しているということを、知識として知っているかどうかは、一つの武器としてあなたは使っていけると思います。
知識だけでも良くない、行動した体感を、自分の全身に落とし込む必要があります。

そうすると、何もかもが見えるものが変わってきます。今持っている知識や経験、人脈の中だけで考えていては、どんどん過去に縛り付けられていきます。
新しい出会いや行動を、先送りしないで前倒しで取り込んでいくことが必要です。

やりたくないことは、やらないで結構です。
では、代わりに何をしますか?ということが、次にあなたがフォーカスすることです。
未来に目を向けましょう、身体全部を未来に向けましょう。視点高く観ることで、選択肢を広げていきます。そうすることで、やりたくないと思っていたことも、実は必要なことに見え方が変わるかもしれません。
1人で考えても上手くいかないなと思えば、人に話してみて客観視してみることをオススメします。

この記事も、書くことが思いつかないなと思いながらも、書き始めてみると書けるものなんだなと、新しく発見して驚きです。
書けたときは、自分で自分を褒めてあげればいいですし、もっともっといけるに違いないと、何でもかんでも活用してあげればいいんです。
ブログを読んだときも、コメントなり思ったことを、一旦自分の中で処理させて、アウトプットしてみると、行動した実績として、あなたの中には資産として残ります。
些細なことだとは思いません、一歩ずつでしか進みませんし、あなたの人生のたとえ1日でも欠けていたら、今のあなたは存在しないんです。
やりたくないことを強制されてやらされるのは、もう必要ありません。あなたの内面が、選んでやっているのかどうかということだけです。
表面的に、強制されることはしなくていいと言っているわけではありません。あなた自身がみずからが能動的に主体性を持って、当事者として人生を生きていますか?という問いかけが含まれているということです。
考えたことがあれば、積極的に介入していってみることをオススメします。もちろん自己責任で。

何もしないときと、したときの違いを体感できますよ。そうやって経験や選択肢を増やしていけば良いと思います。

それでは!