シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

言葉は不完全な手段でしかない

言葉を連ねて書いたとしても、人に伝わるかどうかは保証できません。

書くことそのものが好きなので気にしません、という強がりを言っている自分に気づくことも多々ありです。

言葉は人と人が交流するために発明されたものであり、言葉を通じて人を動かしたり人に動かされたり、みずからを動かしたりします。

また、言葉を使うことで思考を整理することもあります。

野球の道具みたいなものです。

バット、ボール、グローブ、ミット、ベース、グラウンドなど、全部道具です。

目的にしているのは、野球をすること。

キャッチボールをすること、ピッチャーの球を打つこと、塁に出てホームを目指すこと、素振りすること、練習して走ること、他の試合を見ること、ウェイトトレーニングや食事で身体造りをすることなどなど、すべて野球をすることに含まれています。

野球を通して、強いピッチャーの球を打ちたい、駆け引きで相手を上回って勝ちたい、神業プレイを決めて観客を沸かせたいなどという欲求があると思います。

ときには苦しい、痛い、辛い、辞めたいという想いも出てきます。

じゃあ辞めれば、というのがボソッと出てきそうです。

辞めたら一時的に楽になることはあり、それはメリットだと思います。

同時に、野球をする喜びも放棄することになることを覚悟していれば、それに耐える苦しみを負うというなら辞めれば良いと思います。

直感に従えばいいと思います。

野球でさえ、手段でしかありません。

本当にあなたが人生で成し遂げたいゴールに向かって、方向修正していけば良いと思います。

無駄な経験は何もないと、柔らかい言い方をすればそう言えますが、その背後には、

主体性のない経験は経験ですらない、時間の浪費だ、というメッセージが隠れているように思います。

言葉の表面だけに振り回されることはやめましょう。

そうは言っても表面に振り回されると考えないでいいから楽なんですよね。何もしないと楽な方に流れていくんだから、楽な方に行くことが危険だと脳に仕掛ける必要があります、必要であればですが。

嬉しい楽しい気持ちいい誇らしい清々しいといったプラスの感情エネルギーを、得るために生きているのは、多くの人に共通するのではないでしょうか?

それを手に入れる過程の手段や方法として、いろいろなものを利用しているのだと思います。

あなたは何を利用していますか?

自分のためだけという狭い範囲だと、もったいないという気がして仕方がないです。人を応援することを主体にしてみずからできることをやってみましょう。

 

それでは!