シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

捨てても捨てられないものこそ捨てれるか

こんにちは。


我々は生まれたときは余計なものを持たずにこの世に出てきます。


そこから様々な経験をしたり、ものを所有したりして、その人だけのカラーができてきます。


今仮にあなたが保有しているものや知識、経験は、果たしてあなたが臨んで保有しているものでしょうか?という問いを投げかけます。


親や教師やテレビなどから、これが正しいからこうしなさいと、無条件に受け入れてしまっていることはありませんか?


それって本当に絶対正しいと言い切れますか?


今持っているものは、必ずないといけないものですか?あるのが当たり前だと、周囲の環境から刷り込まれてしまっていませんか?


考えてみてください。


例えばですが、携帯電話は絶対に必要ですか?

やるやらないは別として、携帯電話を持たずに1日を過ごすことを想像できますか?

他にも、ご飯は必ず三食食べなければいけませんか?

食べ過ぎていることがわかっているのに、年齢や体質の変化に合わせずに過去の延長の習慣を繰り返していませんか?


現状維持が一番楽ですよね。


しかし同時に、我々の身体も、周囲の環境も、ダイナミックに変化しています。

徐々に無意識に変化しているので、意識に上がりようはないのかもしれません。

そこでそのままにするのは、何だかもったいないと自分は思うため、些細な無意識の反応や動作を、意識に上げる習慣づけに取り組んでいます。

例えばものを全部箱にしまってみて、部屋をすっからかんにしてみる。

例えば捨ててみて他のもので代用してみる。

例えば呼吸を意識して半分の速度にしたり倍の速度にしたりしてみる。


いろいろありますが、無意識にやっていることを意識にあげると、余計なことを考えて消耗することは減りました。


そこからものや情報を捨てていって、残ったものもさらに絞り込めていけるのではないかと意識しながら、捨てていって新しい血を取り入れ循環させていくことを、日々イメージ化しています。


削ぎ落とし、刃を研いでいく感覚。

生まれたときの純粋性を、再構築して取り戻していく感覚。

これは誰にでもできると確信している、だってみなさん赤ん坊だったから今こうやって生きてるし。


人間の力は強大です。

可能性を常識や他人の評価で限定せず、解放してリラックスしながら観てみることをオススメします。


楽しんでみてください。


それでは!