シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

中途半端な極端はやめる

こんにちは。


よく、ほどほどで良い塩梅が好ましいと言われますが、健康とか財政状況などは、それが望ましいのかなと感じます。


また、YesかNoか、ハッキリさせることが必要なこともあります。


どっちもどっちなんです。



今直面していることがらが、どんなカテゴリに該当するのかを、直感的に判断できるように、日々みずからを研いでいくことが重要です。


前置きはさておき、タイトルにある、中途半端と極端についてです。


0か100かというスケールで捉えるよりも、ここはゼロを足して0か10000とかならどれくらいかというように、極端に制限を外して考えてみませんか?という提言です。

なんなら1億でも1兆でもそれ以上でも構いません。


無意識に数字を出してみて、そこで上限下限を設定すると、その外側が認識しにくくなってしまいます。


これを私の中で、中途半端な極端と命名しています。


もっと振り切ること、やり切ることをみずからに仕掛けて、視点を高く俯瞰した状態に自分を持っていくことを、一つの方針としています。


自分の感覚での表現になるので、もちろん個人差があります。


身近な人に対してほど、ぶっ飛んだことをいきなり言えば、強烈に違和感を与えてしまうので反発が発生しうるでしょう。

そんなときはまだ言うべきタイミングじゃないということでしょう。


みずからの内に秘めて秘めて、エネルギーにしてあげることにフォーカスすることをオススメします。

そして行動して、成長ひていけばいいのです。



時がくればあなたの現実が変化し、関わる人も新しく縁が繋がっていくでしょう。


焦る必要はないけどスピーディに、振り切ってみたと思ったらもう1歩、さらに1歩と、イメージの中でアクセルを踏み込む感覚で、自身のマインドを動かす練習を日々やっています。


限られた時の中で、どれだけのことが自分にできるのだろう?


その問いかけを胸に、日々を過ごします。


ブログを書くのも、頭の整理とアウトプットという機能として、読んでいただける方に感謝を伝えられれば幸せです。


それでは!