シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

インプットしたならアウトプットではなく、流れているだけ

入れたものと出たものの質量や流れの量は、質量保存の法則から、等価であるという考えがあります。


でも入りよりも出が少なくなってることもあります。


それは、ある部分を通過するときに、エネルギーとして消費されているので、入口と出口だけを見たときに、イコールではないと見えているだけです。


経路をひたすらに細かくしていくことで、部分部分では入りと出が極めて等価であることがわかります。


なので、前置きが長くなりましたが、インプットばかりでアウトプットができてないだとか考える方がいるのでしたら、


それは処理の仕方がマンネリ化していることがあるかもしれません。


やりたいことを当たり前にやることが私の目指す指針ではありますが、その過程はたくさんのやり方があって良いと思いますし、ひとつのことに固執するつもりもあまりありません。


アウトプットしなきゃと思っているなら、それは危ないです。


処理の部分に目を向けてみる必要があるやもしれません。


インプット→処理→アウトプット


です。


違和感を感じているならば、その違和感は変化のきっかけ、チャンスたり得ます。


必ずゴールに向かっているという確信のもと、どんなこともやってみる、


そんな在り方を応援しています。


リラックスして楽しんでいきましょう。


それでは!