シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

自分が相手にとって何なのかということへフォーカスする

双方向的な関係性で人と自分が成り立っています。


親からすれば子供は子供という役割を果たしており、子供という存在があるからこそ、それに対応して親が親たりえます。


卵が先かニワトリが先かというと、どちらも同じです。


両者の関係性が生まれたことが先にあり、それを言葉にして定義したら、


「あれ?卵とニワトリがループしてグルグル回ってないか?ある部分を起点と設定してみたら、ときには卵が先に見えることもあるな、その逆も然り」


といった感じです。


そして、生命の起源はどうなってるの?


と問いが出てきましたが、よくわかりませんし、それを解明しようと何百年とかで研究は行われています。


それはそれで興味があれば、どんどん考えれば良いと思います。


同時に、今この瞬間に関係性を持っている相手のことを考えて、身近な仕事かもしれませんし、家族、友人、健康、趣味など、生きていくうえでの関わりや働きかけについて、自分の能力を高めていくことをオススメします。


あなたは誰かにとってなんですか?


あなたにとってその誰かはなんですか?


これから出会う人もすべて、関係性という縁が生まれていきます。


そこでのお互いはお互いとって何でしょうね?


役割を考えて動いてみて、グルグル回し、ときには外れてみると、更に変化を促していけます。


勝手にしてみましょう、無意識の制限は横に一旦置いてみて。


それでは!