シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

抵抗されないことを仕掛ける

リラックスして読んでみることをオススメします。

これを達成する!
あれをやる!

といったことを設定してみて、取り組んでみるときに使ってみている方法です。

変化は、起きてそれでお終いというわけではありません。

日々、変化を促して良くなっていくことです。

力づくで起こすこともできますが、それは一過性の場合もあります。

変えていることを、意識にばれないように働きかけることを個人的にはオススメします。

このブログで、無意識な部分を意識に上げてみましょうと書いていることが多いですが、それとチグハグな印象を受けるでしょうか?

そこには、共通するところがあります。

それは、細かく継続的に取り組むということです。

あくまで意識と無意識が双方向に作用していることを俯瞰してみていましょう。

具体的にどんなこと?
ということは、あなたがぼんやりと想起するポジティブなことなので、これです!
ということは言いません。

・・・イメージで伝えました。

どんなことが体感として出たでしょうか?

アウトプットしてみてください。
(やり方はすでにあなたは知っています)

それがひとつの解です。

(解は無数にあります、そして、正解不正解があるとかもどうでも良いです、そもそもそんなことは言ってませんし、“ひとつの解”と言ってるだけですからね)

抵抗なくフッと想起されるものから、気持ちよさや心地よさ、嬉しさ、楽しさを感じていきましょう。

それができてくるので、それはあなたが抵抗なく楽勝でできることです。

この体感が、あなたがはじめに設定した項目をクリアしている状態に至る過程です。

至る道は無数にあるので、どのように進むかはあなたがみずから切り拓いていけます、あなたにはその能力があります。

根拠はありません、根拠はやることでできてきます。

体感で、できて当然じゃんということを、日々刷り込んでいることを、あなたは既に実行していますよ。

ポイントは、やはり、

リラックス。

抵抗というのは緊張を作ります。

ちょっとずつ変えてみることをして、なるたけシームレスであることをイメージしていくのも良いでしょう。

変わってないじゃん!
くらいのレベルでやるのがオススメです。
ちょっとでも変わったという、微差を捉える感度を磨くことで、細かな操作が、広い視点においてもできるようになります。
視点も上がるし、精密にもなる。
対極のようにも見えますが、相対的だからこそ、双方向の働きかけがあるということだと、自分自身は体感しています。

ぼんやりとした説明になってきてしまったので、微差の例としては、

ワンポイントのシャツなどどうでしょうか?
無地のシャツの左胸に、ロゴが入っていたりするものです。
adidasとか、nikeとか、何も無しとか、いろいろです。

全体で俯瞰してると、一見同じに見えるけれど、よく見ると違うじゃん!
というようなものを探して、みずから変えてみることです。

違うから何なん!?
どっちでも良いやん!

となれば、それで止めるともったいない。

微差力を磨く練習になりますよ。
日々の生活がチャンスになります。

おや!?
ぴくっ!

というような微差や違和感を、
「あー、変化あるんだなー」

と、楽しく間違い探しするくらいで、やり続けることをオススメします。

他にも、変化といえば、普段使う言葉は強力ですね。

例えば日記やブログを書いてる人なら、使っている言葉が変わってないか、繰り返し使ってる言葉がないか、意識を少し向けてみると、

あなたの無意識がやってることの軌跡を辿るヒントになるでしょう。

タイトルに、
抵抗されないことを仕掛ける、

と書きましたが、それは無意識が仕掛けてしまっているということなので、意識してこうしようというまえに、既に何らかの働きかけが作用しているんです。

意識的と無意識的のどっちが先だよという問答はナンセンスです。

どっちもどっちです。

「抵抗なくこういうこと働きかけちゃってたんだ〜」

という意識化がふと出たときに、

「ちょっと違うポジティブな働きかけだとどんなことがあるのかな?」

と、一瞬(0.00001秒とかでも可)思ってみると、ちょっとずつ抵抗なく変化が促されます。

変化は、促した通りにしかなりません。
それは外的な影響が強い気がしますが、内的な日々(本当に24時間365日というレベルで)が、微々たるもの故に、気づかないうちに作用していきます。
それは、外的な作用よりも、すんなり入ってしまいます(入るというよりも気づきもしなければ、気づいたらあったという感じになります)

その作用を建設的に利用しない手はないと思います。

逆説的ですが、仕掛けないことが仕掛けることにもなる。

どんなことをやりますか?

やり方は見つかってきます。

あなたは既に持っているものもあります。

探さないように探してみてください。

これを達成する!
あれをやる!

は既に始まっており、その過程が繋がっており、既にもっと進むあなたになっていってしまいます。

楽しんで自分を動かしてみて、楽勝なことをより増やしていけます。

それでは!