シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

自己観察という働きかけ

こんにちは。


自己啓発や自己受容といったことは、古今東西どんな年代でも、人々の関心事です。


生きるとは?何のために日々を過ごすのか?自分の役割の意味は?


それらは、答えはありません。


だからこそ、追求しているのかもしれません。


ときには暗闇の中でどうしようもなくなったり、眩しい世界で逆に見えなくなったり、日々流れています。


自己がどのように反応しているのか、動いているのかを、ただ観ることをしてみると、反応的な行動は抑制されます。


怒っているときも、

怒っているんだなと観察していくことで、怒る必要もなくなることに気づいてきます。

ただ、観るだけ。


そこに絶対なものはなく、観たものを選択するのか手入れするのか、あなたはどんな風にも、みずからに働きかけられます。


このブログで直接的に記載を多用しているわけではありませんが、


瞑想


というのは一種、こんな感じですかねと思っています。


徹底的に自己観察。


人を観るのはやりやすいですが、自己を観るのはあまりやらなかった感じだったので、みずからの内側を外側から俯瞰して観てみることをオススメします。


心を整える練習、いつでもどこでもできます。


山にこもらなくてもお寺にいかなくても、今ここが、瞑想の場です。


まあ、静かで落ち着いたところがより好ましいというのは否定しません。


ゆるめて粛々と。


それでは!