シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

あるべき場所に動かすこと

こんにちは。


断捨離というか片付けというか、部屋も頭の中も棚卸しして捨てて行こうとすると、今の自分自身がいかに多くのものや思い込みに絡まっているのかが見えてきます。


それは、過去はその瞬間には必要だったものかもしれませんが、


次の瞬間にはそれとの関係性は変化してしまい、


それが現在まで至る中で形骸化してしまっていたと感じることが多々あります。


今ここにあるべきものが何か?

別の場所にある方が自然ではないか?


と、自問し、棚卸したものを観ます。


割と長く使ってないものや、捨てるとどうだろうなというものは、大抵不要です。


人に譲るか倉庫に封印するか、捨ててしまいましょう。


あるべき場所に動くだけという見方をしてみます。


今あなたの部屋にあるべきではないというだけ。

必要なら、また巡って出会ってきます。

出会いは忘れた頃に、本当に不意に、激烈に働きかけてくるでしょう。


それは今のあなたがみずから現実を動かしたことによる、自然な流れの連鎖の先にあります。



大丈夫です、あなたならできます。


部屋の掃除から連想した、考え方の記事となりました。


それでは!