シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

やるというのは、やりとげること、やり続けること

スタートを切るという一瞬のことではないということを、人生の大先輩から、有難くメッセージとして受け取ることができました。

そのためには、日々ゴールを観ること、そして何より、目の前の相手を徹底的に観て、情報を引き出すように働きかけることが重要だと感じています。

 

日常のコミュニケーションなら、沈黙はお互いの損失になり得るということを、体感としてヒヤッと思いました。

 

自分がどう思われようが、相手が先に先に見ているものに追いつこうとすることが、相手への礼儀でありますし、現時点で生意気と思われるというのは、自分の勝手なエゴです。そんなものは要らん!

 

相手が何か言ってくるなら、それを吟味して、流すものは流すし、受け入れるものは受け入れる。

 

それが私たちにはできます。

そこを目指していくことが、人格を高めていくことに繋がるのではないかなと確信しています。

 

どんなところにいてもどんなときでも、そこでしか学び取れない貴重な情報があります。

 

あそこもいいなー、それに比べて現状は・・・・

といったマインドでは、何も動きません。

そこにいる自分の身体に働きかけるのは、そこにいる自分です。

 

今の瞬間が、頭の中では必ず進みたい選択した方向へ繋がっており、物理的な世界で道を繋げる現在地です。

 

そうすると、冷静に粛々と進むことが当然になります。

 

焦る必要はないが、濃い時間を過ごす覚悟を楽しみます。(負荷が上がってきつくなる分、それだけリラックスすることもできる)

 

そうやって、決して振り返らずに突き進む感じを、イメージに刷り込んでいくのが、遠いようで近道なのかもしれません。

 

あなたにもできます。

 

自戒も込めて、再確認として書きました。

 

それでは!