シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

今日が人生最初の日だったら何をしたいですか?

よく、


今日が人生最期の日だったらどうしたいですか?


という文句を目にしますが、


そうなると、


あれもしておけば良かった、

これもしてみたかった、

あの時ああすればよかった、

あの人にちゃんと伝えておきたいことがあった、

あれが自分の夢だったんだな・・・・、


などと、後悔の念に押し潰されそうな感触が個人的にありました。


過去志向、後ろ向きの働きかけを想起してしまうこともあり、なんだかもったいないという部分もあります。


自分自身、生きていく中で出会いと別れがあり、もう会うことができなくなってしまった人も多数います。


でも、その人のことを覚えている。


当時はその人がいる日常が当たり前すぎて、流すような対応を当たり前にして、感謝の一言でもちゃんと行動で伝えたかというと、


もっとできたんじゃないか?


と思わないことはありません。


どれだけたくさんのことをしていただけたんだろうか、どれだけのものを(有形無形問わず)与えたり伝えてくれたんだろうかと。

何か返せたか?と。



しかし、そんなことを思っても巻き戻せないし取り戻せない。


だからこそ、必ず最期はあるし、自分にもその瞬間は必ず訪れる、相手も然り、そのことを自覚する。


そして、代わりに、

今日の1日を人生最初の日として、今始めることを始めます。


今日が人生最初の日だったら何をしたいですか?


あなたにはそれを実現する能力があります。


後悔は、後悔したら後悔です。


どこの時間の位置と向きの視点で見るかで、それぞれに想起するものが違うという「機能」の一部です。


いろんな視点からの問いかけや働きかけができます。


1つの視点として、


今日が人生最初の日だったら?


ということを例示しました。


無意識に問いながら、いつもとは違ったことが想起されるかもしれません。


リラックスしていきましょう。


それでは!