シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ひと段落のときの注意 次を見たくなるか!?

一仕事をある程度の形で終えれたり、区切れたときは、注意が必要です。


それが終わったぶん、肩の荷が降りたとして、楽になるかというと、そういうわけでもありません。


バランスが変わるので、実は不安定になっていたりします。


右に5キロの荷物、左に5キロの荷物を持っていて、右のものを置いたら、左に身体が傾くイメージ。


不安定を解消しようとして、無意識に重心を移動させたり、筋肉の緊張度合いを調整しています。


そして、また別の安定状態に落ち着きます。


そうやって、常に私たちの身体は、平衡状態に落ち着こうとします。


そのときに大事なのは、基準の位置。


自然な状態の身体はどうなっているのかを、しっかりと記憶しておくことです、意識的にも出し無意識的にも。


立ったときの姿勢、座ったときの姿勢、寝転んだときの姿勢、歩いているときの姿勢、などなど。


身体の重心がどこにあるのかを常に意識に上げて、固まろうとしているのを自覚する。

ゆらゆら揺れてるけれど、バランスをとれて楽な姿勢になるということを自覚する。


そんなことをやっていくことで、ひと段落のタイミングで極端にバランスを崩すことに、少しは備えられます。


とは言っても、バランスは日々、大なり小なり変わっています。


ガツーンと来るときはくるので、それはそれで楽しみましょう。


それでは!