シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

ブログを書くモチベーション

モチベーションという言葉はあまり使いたくありませんが(それを意識してしまうと何か急き立てられる外側の圧力をぼんやりと想起してしまうので)、暫定的に使います。


完全に趣味のブログとして書いていますので、書ける場を提供いただいている、はてな様には感服します。


書くことがあり過ぎて書けないというのが、最近はたと気づいたことです。


世界は情報で溢れています。情報を取捨選択して、みずからの行動に役立てナンボだと思います。


そのためには、書いてみてアウトプットすることが効果が大きいと感じます。


それは、書くために一旦自分の中で内省するからであり、必要ならば本や人に会うなどで、体感や知識を得ることができるからです。


そして、気になったことや連想したことをメモしておく。


個人的には浮かんでくることを外部化して記録しておくことで、引っかかりというか印を自分の中に仕掛けている感触です。


紙でも良いし、テキストエディタでもいいし、とにかく身近なものが良いです。

賛否両論あるでしょうが、私はツイッターで記録として残しています。

自分が言ったことというのは、案外忘れてしまうものです。

だからこそ、外部化して客観視するために、書くときは主観も入れて、両方の目線で俯瞰して見る。自己責任で。


そうすると、変なことですが主観も客観のワンオブゼムなのかなとなってきます。


静かに柔らかく、頭の中をこねくり回す練習になります。


目的は、余分なものをどんどん外部化して削ぎ落とし、身軽な状態でいること。


そして、目の前のことに単純に素直に一生懸命になるのを楽しむこと。


みずからが他者に対して役割を果たすとき、相手に興味を持ってひたすらに建設的な関わりをしていくこと、そんなことがシンプルである分、奥は深いです。


書いて書いて書きまくる。


ライティングテクニックは必要なら勝手に覚える。

練習して継続するかどうか、届くように書けるスキルはどうしても必要です。

何と思われようと言われようと、設定したゴールの方を向いて動き続けるのみです。


乱文になりましたが、言いたいことは、

やりたいようにやる、頭を回し続けてたくさん行動していく、余分なものは意識の外に離していく、


ということです。


それでは!