シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

普段と違うことを楽しんでみるために松屋でやったらエライことになったけれど、何とか対応して新発見をして1人満足した話

ぴ、ぴ、ぴ


あー、こうなるのか。


機械の動作がよくわかり、少々の驚きと面白さを体感するのは、身近なところでもできました。


松屋という定食屋をご存知でしょうか?


そうです、食券を購入して食事が出てくるあの松屋です。


入って食べようと思い、食券機の前に立ち、財布から1万円を出して入れました。


ボタン3つ同時押ししたらどれかがランダムで出るんじゃないか?


それでルーレット的に決めようと、


思ってしまいました。


指を人差し指、中指、薬指、スリーのポーズでやってみたところ、


ぴ、ぴ、ぴ。


3つとも注文されてました。


え!?ウソ!?ホントに!?


そのときは驚きました。


知らなかった〜。


もちろん3つも定食は食べないので、店員さんに2つは返金申請しました。


そのときは、


「ボーッとしちゃってて間違えてしまいました、返金で(^ ^)」


ということで対応してもらえました。


あー、よかった。


ふと以前に知人から聞いた話を思い出しました。


松屋は食券機で押した瞬間に実はオーダーが厨房に入っていて、すかさず早めの対応で作れるように控えているとのこと。


そんで、券を対面で交換してから調理スタート!


のはずが、、

店員さんもキャンセルで少し慌てていたように感じました。


大変失礼しました。


無事返金もされて、美味しくいただけたので、良かったです。


このように、普段しないことに対して、予測を立てて動かしてみて、実際の出来事に臨機応変に対応する練習は、身近なところからもできるなと確信がさらに深まりました。


あんまり反社会的な迷惑行為はナシでという約束で。


日常を楽しい遊び場にするのはあなたです!


それでは!