シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

選択して生きているという確信

選択するということは、複数の選択肢・可能性があるということ。


過去から現在に至るまで、数々の選択をして行動してきたから、今生きています。


もう一度言います、「生きています」、そしてこのブログを読んで考えて行動しています。


生きているから、今そしてこれからの未来に対して働きかけていけます。


過去は関係ありません、過去の選択はすべてベストだから今があります。


そう決めるだけで、過去のことにとらわれている必要性はありません。


どんどんと加速したり、休んだり、あなたの人生を喜びに満ちたものとしていって欲しい、それだけの能力があなたに眠っていることを、私は確信しています。


そして、選択するためには、視点を上げる必要があります。


具体的には、常にひとつ上の視点があると思うことです。


朝食を摂る習慣のある人は、


白米にする?

それともパンにする?


といった選択をして過ごしています(あくまで説明の例です)。


朝といったら白米だろ!


というのは、いささか視点が低いかもしれません。


朝食を摂るにあたって、これを食べなければいけないというものはありません。


そして、朝食を必ず食べなければならないというのも、ひとつの思い込みです。


朝食を食べても食べなくても良いが、私は食べるという選択をしている。


そして白米もパンも食べることができる自由度の中で、自分は白米を選択している、


というだけです。


夫婦などで、食の好みが違ったりしたときに、些細なことかもしれませんが、揉める方々もいます。


それは、自身が視点が低くなっていて、これしかあひえないと、ひとつ上の視点を考えることを止めてしまい、思考停止状態の自分になるよう働きかけてしまっています。


そうなると、自分の価値観が絶対だと思い、相手に押し付け、相手の価値観を尊重しないということに繋がりえます。


それは、非常にもったいないな、と思うわけです。


彼・彼女はそういう選択をしてるんだ。


自分はこういう選択をしてるんだ。


ただそれだけですし、そこからの結果は、それぞれが受け止めれば良いだけ。


自分は自分で選択しているという(もしかしたら選ばされてるかもという疑問や、改善の可能性を視野に入れながら)確信を持って生きるということをオススメします。


今この瞬間からやっても良いことですよ(それも選択です)


というか、やれ!


(こう書くと人間は無意識に拒否反応を起こすこともあります。


強制されると従わないのは人間の性です。


一方で、そういった仕組みを把握した上で、やったことのないことや止めていたことを敢えてやる、踏み出す、ということも選択できます。


繰り返しますが、選択できる視点の高さにあなたはいるということです。



じゃあまたいつもと同じことをやって変わらないままなの?という挑発じみたことも書きます、まあ、本当にどっちでもいいんです、どんなあなたにもなれますよ。)


リラックスして楽しんでいきましょう。