シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

まっさらな頭

先日、建築関連の会社の総会に参加した。


職場の安全について、外部講師の先生に講話いただいた。


言っていた言葉を参照に記載(これが正解とかではない)


専門的な知識や技術を学んだり習得したりすると、


その専門用語を使いたくなりますが、


あえて使わない選択。


使うと便利で楽なんですよね。


心理学とかだと、


ラポールだとか、非言語コミュニケーション、


そういうのは使わないと。


はじめて聞く人が大半なんだから、


そんなのいきなり言われても混乱するだけ。


聞き手が身近に感じていることや普段使っている言葉、テレビや新聞で話題になっていることなどに絡めて、


リラックスして素直な頭になった上で、


日常を見直して整えるきっかけにして、

聞き手自身が自分と周りに働きかけていく。


それくらいやんわりでもいいでしょう、


というスタンス。


途中からはコミュニケーションセミナーになっていました。


世代も育った背景も異なる人たちが共存して価値を創り出していくために、


もっと相手と自分を観て知っていきましょうという、


なんとも当たり前の強烈な働きかけでありました。


本質はシンプル。


だからこそ、どう扱うか、


薬にも毒にもなる。


使う側の人間がどう在るか?


ということが大前提ということを、改めて実感しました。