シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

言葉を知らないだけ

思考力とは何だろうか?


と考えたときに、言葉を知って関係性を繋いでいけることではないだろうかと感じました。


それは、左脳的なことではあると思いますが、同時に右脳でイメージの世界を構築していけることとも関連していると感じています。


どういうことかというと、言葉に表せれないような体感や感情といった非言語的なものを、


いかに言語化するかということかと考えています。


国によって言語は異なりますし、そこの文化や風土にあった言葉が、豊かに使われています。


http://www.kuba.co.jp/syoseki/PDF/3211.pdf


こんなのを見つけました。


イヌイットの間では雪を表す言葉がたくさんあって、どれも違うものとして細かく認識しています。


日本からしたら、


そんなもん雪やん!


で終わりそうですが、それだけ言葉がないということ。


言葉を細かく刻むことで、見える世界が広がります。


そして、その分繊細なものに意識を向けて行けます。


日本語にしても、探してみれば細かい表現はたくさんあります。


自分の興味のあるところから、広げていくことで、さまざまなことに応用していける頭の状態を作っていけます。


あなたはどんなことが好きですか?