シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

棚卸してみると

ひとつの心身整理の一環としてやってみると、リフレッシュして割と良さげ。


事例。


0歳 生まれた、泣き喚いて清々しい

1歳 身体が環境に適応してきた

2歳 言葉を発するかどうか

3歳 這ったり歩いたり

4歳 同い年の子供たちと遊んでいる

5歳 いっちょ前に主張もする

6歳 集団生活、小1

7歳 小2、1年で随分変わる

8歳 小3、一人一人の得意不得意が見えてくる

9歳 小4、いい具合に常識という洗脳に染まってくる

10歳 小5、骨折して痛かった

11歳 小6、なんか冷めた

12歳、中1、常識の奴隷やな

13歳、中2、なんか違和感

14歳、中3、我慢し続けるのかと辟易

15歳、高1、ハマれるものに出会った

16歳、高2、機械のように淡々とゾンビ的に日々を過ごす

17歳、高3、受験勉強で固い頭にやられてましたね

18歳〜28歳

いろいろあった。

棚卸しとして外部化することで、


例えば楽しいことを抽出して増幅したり、嫌だったことは紙に書いて燃やしたり破ったりで記憶から遠くしたりと、


普段やらないからこそ、わざわざやってみることで、


今の自分を縛っている過去の記憶を整理できますし、


より飛躍、ブーストをかけることができる記憶を拾い出してくることもできます。


そして、


残りは今とこれからしかありません。


過去は過去。


決して振り返らずに突き進む感じ。


たまに棚卸しして、埃をはらうくらい。


楽しんでいきましょう。