シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

取り憑かれるもの

死を意識した経験はないだろうか?


それは同時に生の裏返しでもあり、死にながら生まれている。


起きて寝ての繰り返しで、


起きなかったら、そこまで。


自分自身、何度か倒れたり、知り合いでいなくなってしまった人も数名知っているわけで、


そんなときやはり思うのは、


生きたいということ。


でも、そこに完全性、永続的なものはないということを受け入れる覚悟。


覚悟といっても、仰々しいものではなく、


はいそうですねと、


悶えたり思考し続けた上での、


その道を選択する意志。


人の足を止めるのは絶望ではなく諦観


人の足を進めるのは希望ではなく意志