シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

想像しながら書く

書くというのは、


作業としては全体の3割くらいの感覚。


残りの7割は、


唸ったり、


ボーッとしたり、


インプットしたり、


という感じ。


その割合は、


常に変わるけれど、


自分で設定して良い。


溜めて溜めて書くのもあれば、


まず1行書いて、


そこから連想していくこともある。


ひたすら量をこなしていくと、


あるときに質に転換するタイミングがある。


書き続けることと、


書かないけれど書いているということを、


模索しながら楽しんでいくこと。