シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

転職4ヶ月目にての整理

昨年の6月に企業を退職し、およそ8ヶ月ニート後の今年2月に再就職、現在ほぼ4ヶ月経過。


まったくの異業種、企業規模も違う。

会社組織に属することが正解不正解もない。

ある人には正解で、ある人には不正解というだけ。


自分も周囲も変わり続けるが故、答え探しはしても無駄。


答えより課題探しをした方がよほど建設的。


知らないことだらけであるが、とても新しい学びが多く、日々ありがたい。


何より、専門的な知識や技術はもちろん大切なことが前提の上で、


それでも人対人。


誰かの役に立つから、職業と呼べる。


その中の誰かに、自分も入っているということが、ひとつの望ましい形態。


また、生活スタイルに即した収入と支出のバランスが取れていれば、お金がお金が!と、お金の奴隷になる必要もない。


やりたいことに資金が必要なら、調達する方法をそのときに必死で見つけるだけ。


お金持ちは、


収入>支出で、


資産が継続して形成できている状態。


そして、


お金で測りきれない、健康や人間関係、精神の充実など、そこにどのように意義を見出しているのか?


ということのように思う(正解はない、ひとつの解釈)。


それらも資産。普段当たり前に思ってても、健康を害せばそう実感せざるをえない、それなら今ちゃんと認識しておこうよと。


言いたいことをちゃんと言って(感情を抑圧させない)、リラックスして楽しむことが、パフォーマンスを発揮させるための大前提である。


そこを履き違えたら、やもすると残念なこととなる。


どう生きてどう消えていくか、その道程の景色の彩りを楽しんでいく中で、出会う人、自分がいなくなった後の未来に、自分の足跡を紡いでいくこと。


それらは想像の外の創造であるから、そこに向かって、ただ歩いていくのみ。


進める自分を、好きでいること、したいと思うこと、選ぶということ。


大変なことも、大変楽しい。


転んだら起きる。立ち上がれる人は転んだときに上を向いている人。


この上は上昇志向というよりも未来志向に近い気も。


安全第一。