読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

お釈迦さまの考えの枠組みについて書いていく その1

頭の整理と更新として、


お釈迦さまの考えについてアウトプットしていってみようと思います。


今のところのキーワードとして


縁起

アートマンの否定

空観、仮観、中観

無常

煩悩

瞑想

小乗(上座部)、大乗

密教

対機説法

空海真言

般若心経

脳の活性化


いろいろな宗派の日本仏教がありますが、


インドで釈迦が悟ってそこから立ち上がりどう進んでいったのか、改めて振り返りながらやってみましょう。


仏教は宗教というよりは生き方そのものという感じ。


順にまとめて(まとめないように)いこうと思います。


仏教学者でも僧でもありませんが、悟りという外側の極地を目指すことと同時に、日常を整えて今を大切に過ごしていくことを味わいたいというものがあります。


釈迦は苦行をたくさんしてみた上で、苦行は不要という結論に至りました。


手塚治虫さんの「ブッダ」がひとつの入り口でした。


今は諸々アウトプット前提でインプットしていくように。