読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

言語化しない夢の状態への働きかけ

みなさんはどのような夢を持って毎日お過ごしでしょうか?
 
夢って言われても上手く言葉にできないよ、というのがありましたら、
 
それでいいんじゃないかと思います。
 
言語化を敢えてする必要はなく、なんとなくこんな感じ?
 
というくらいで十分にその夢の世界の自分に近づいていると思います。
 
そして、それを明確なゴールとして、目標を着々とクリアしていっている自分を想像してみてください。
 
そのときに、自分はどんな言葉を発しているだろうか、周りにはどんな人がいるだろうか、その人たちはどんな表情だろうか、どんな心の状態だろうか、
 
そんなことを、リラックスした状態で、お風呂に浸かりながらでも、涼んで横になりながらでも、毎日続けてみてください。
 
心身が変化していくことを、意識しなくとも無意識に刷り込まれていきます。
 
人間の無意識は素直なもので、過去にああだったからという、理性的な判断を越えて、日常で自分たちが発している言葉や態度を、当たり前のように更新していきます。
 
例えば、前向きになれない、というのも、過去の後ろ向きにならざるを得なかった記憶を再生しているだけであり、ただ素直に、まっさらなスポンジを頭の中に用意して、プラスの言葉をイメージと共に吸い込ませていけば、ポジティブなスポンジを新しく未来に創って使っていけます。
 
未来に創るといっても、未来は時間が流れて現在になり、そして過去になっていきます。
 
今やっていることは、一瞬一瞬の中で、未来を生きているということと同義になります。
 
だからこそ、過去の記憶を使うなら、成功したり嬉しかったり、誰かの喜ぶ顔だったり、自分が自分や周りを大切にした/されたといった、好ましい記憶を引っ張り出して、未来の望ましい状態に貼り付けていくと良いでしょう。
 
同時に、普段使っている言葉を、冷静に見つめ、徹底的にコントロールしていくだけの能力が、あなたには眠っています、掘り起こしても掘り起こしても無限に湧いてくるように、未来の時間に今この瞬間から生きていくことが、より多くの未来のエネルギーを活用していくことにつながります。
 
感動することを、心のままに感じて、暖かな心の揺らぎの中で、エネルギーを蓄えます。
そして、エネルギーを未来の自分の状態をイメージングする際に使い、エネルギーを練ります。
最後に、練ったエネルギーを、しっかりと締めて、現実の世界で発散させていきます。
 
蓄える、練る、締める、発散する、の繰り返しで、心の状態を整えていく、それが身体や周りへの影響として、確実に表れてきます。
 
まずは、信じること、信じるのは自分自身の可能性、人の可能性、喜びへの素朴な期待感です。