読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

心を整えるために一度壊す

こんにちは


暑さ、あるいはクーラーで固まって疲れていませんか?


そんなときは、温かい飲み物でも飲んでホッとして、身も心も緩めるてみましょう!


整えるために一度壊すとありますが、壊れたら元に戻せないと不安になりますか?

大丈夫です。

元には戻りません!


元に戻るということはそもそもありえません。


人間の身体は毎日代謝してエネルギーを取り出しています。


日々燃えているので、昨日あなたと今日のあなたは、細胞としては別のものに置き換わっています。


それではなぜ、自分は同じ人だと、私たちは知りうるのでしょうか?


不思議ですね。


過去の記憶を今という一瞬に統合して認識して、連続的だと錯覚させて、それをパラパラマンガのように見ているという説明がイメージとしては近い。


整えるというのは、その連続性を滑らかにしていくということ。


淀まず、滞らないこと。


パラパラマンガの絵が、一瞬のときに上手かどうかは、そんなに重要ではありません。


止まらず練習して動かしていると、段々上手になります。


上手くいったりいかなかったりという短期的なことに、一喜一憂することは不要です。


それはときとして、あなたを過去志向に縛りつけます。


そうではなくて、滑らかに俯瞰して整えていくということです。


過去の分析も、記憶を過去に遡ってやるのではなく、今検証しているという像を、パラパラと客観視して見ます。


客観視、俯瞰すると、


ただ単にシンプルに、パラパラマンガが動き続けているというイメージとして、一段上の視点から、冷静に認識していけます。


認識するからこそ、コントロールできます。

仕組みとしてイメージ、理解すると、上手い人はもっと上手く、できてなかった人はできてしまいます。


テクニック的なことは、その後。


本質としては、徹底的にみるというのがスタート。