シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

【重要】感情に素直になること

感情や潜在的な意識は正直です。

それは、身体の反応を注意してみてみるとわかります。


できるできる!

といって気分を高めようとしたり、


楽しい!

といって何もかもを楽しもうとしても、


嫌な顔してるし、身体が硬くなっています。


それを無視するのは、それこそ麻酔を打って麻痺させてるのと同じ。


身体に毒ですよと。


今日は休日出勤でした。

役割を果たしたので、楽しかったと言ってみましたが、


身体は正直でした。


息が胸のところでつまる感じで、硬くなりました。


クソッタレ!やってられっか!怒


というと、スッキリしました。


1人で言ったあとに、何故か笑えてきました。


ここで大事なのは、楽しいもクソッタレも、いずれも感じているということ。


タイミングによって、どちらが支配的なのかということを、感情を排して観てあげること。


そのためには、ちゃんと表現せねば認識に上げにくいです。


クソッタレと思っていたとしても、


同じように休日出勤してる方もいたので、

「休みの日なのにすまんな」


と一言言ってもらえたことは、ほっこりしました。


感情や無意識って単純だなと。


そして、そのときどきに自分が言ってほしい言葉をかけてもらえれば、それなりに感情はコントロールできうるということもわかりました。


翻って、他人に対しても、常に無意識で何かしら求めています。


その人が何を欲しがっているのか、普段の生活や発言、態度から読み取ろうと意識してみると、


意外と不満そうな顔をしているときと満足げなときは、わかりやすいです。


人に興味を持ってみるということが、王道です。


案外自分のことしか、人間興味がありません。


自分にとって相手が何をくれるのか、特になるのか、


といったことを、かなり強固に持っています(書いてて自分もだよなと思いつつ)。


だったら、満たしてあげればよい。


自分より先に相手を活かす。


そうやっている人が、魅力的な人だなと、振り返るに思います。


感情は素直にそのままに、押さえつけずに解放してやりましょう。


人の感情もよく見て解放してあげましょう。


溜め込むと、外に爆発したら人に害を与えかねるし、内側で爆発したら憂鬱で惨めになります。


そのときに処理して、ハイ終わり(^^)


というふうにすること。


反復訓練が必要ですが、7日やってみて、自分の感じ方の変化をとらえてみてください。


絶対に上手くやろうとしないでください。


結果は出さないでください。


やると決めるだけ。


スッキリされたい方、コメントお待ちしています。