シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

限界やマインドブロック、リミッターを外す

外すだと、生温い。


吹き飛ばす、ぶち破る


くらいでちょうどいい。


そもそも何故リミッターがあるのか?


リミッターは過去にセットされている。


その当時は、それがリミッター、上限ではなかった、


という視点での考察。


その当時は、そのリミッターに対して、


例えば3割とかの状態だった。


しかし、時が経ち、あなたは変化、成長する、能力が向上する。


そうすると、リミッターいっぱいいっぱいになって、


窮屈になる。


身体的な例をイメージすると、


5歳の時の服を着たままだと、身体は大きくなり、


10歳なら窮屈。


そうすると、


5歳のときの服をぶち破る、


かというと、


そうではなく、


また大きい服に変えるだけ。


さらに15歳なら、


また大きい服に変えるだけ。


リミッターの上限を、


上げるだけ。


これは、


心に対しても、


同じといえる。


知識や経験が増えれば、


イメージの世界で、


上限を上げなければ、


窮屈で、


いずれパンクする。


パンクする前に、


予めマインド、心に対しても、


先んじてサイズの大きいリミッターを、


用意しておいてあげる。


それが、未来に働きかけるということ(たとえ話のひとつです)。


だからこそ、自分自身を、


ちゃんと観る。


状態を、


ちゃんと客観視する。


そして、ちょっと余裕のある上限を設けて、


今の上限を上限でなくならせる。


ここまで書いて、リミッターを外せというのは、


外すのではなく、


別のリミッターをセットするということ。


リミッター外しという、言葉面だけに惑わされてはいけない。


旧式のリミッターの外側、それ以上に、ただあなたはイケる、


という、


それだけ。


だからこそ、現在に窮屈しているということ。


そんな観方の一例。


読んで感じたことを書いてみよう。